メディカルエステのエステティシャン

メディカルエステとは何か

最近、エステの世界の中でも「メディカルエステ」という分野に注目が集まっています。

「メディカル」とは「医療・医学に関連すること」といった意味を持ちます。

一般的に「エステ」といえば美に関するさまざまな施術を通したリラクゼーションが目的とされており、病院のような医療的な観点での施術は行われません。

一方、メディカルエステの場合は医師の監修の下に施術を行うため、リラクゼーションというよりも「体の問題解決」に主眼が置かれています。

メディカルエステでも多数のエステティシャンが活躍しており、このような場では医師と連携し、医学的な観点からお客さまの悩みや問題を改善しています。

メディカルエステの特徴

メディカルエステの大きな特徴は、「肌などの問題に対して医学に沿ったアプローチをする」という点です。

通う側のメリットとしては、一般的なエステにはない最先端の美容成分や機器を使用して、肌の悩みを根本から改善しやすかったり、医師が関わっているため安心感が大きいといったことが挙げられます。

皮膚科と併設しているサロンもあり、万が一施術後にトラブルが起きた場合でも、アフターフォローがしっかりしていることも特徴といえるでしょう。

ただし、最新の機器を使用したり最先端の施術を受けるとなると、一般的なエステよりも費用は多くかかる傾向にあります。

皮膚が弱く通常のエステが受けられない人や、一般のエステで施術を受けることによる肌トラブルが心配な人、あるいは「ニキビ跡を消したい」「ほうれい線を薄くしたい」など改善を希望する場合が明確な人などには、メディカルエステが勧められています。

メディカルエステで働くには

メディカルエステの場合、一般的なエステとは少々異なる施術を行ったり、医療に関する知識が必要とされます。

そのため、メディカルエステティシャンになりたいと思ったら、メディカルエステの専門学校に通ったのち、メディカルエステに就職することが基本的なルートとなります。

ただし、一般的なエステの専門学校卒業生を受け入れるメディカルエステもゼロではありません。

また、すでにエステティシャンとしての経験がある場合、メディカルエステに関する知識がなくても採用してもらえることも少なくないようです。

仕事体験談