エステティシャンの独立前の準備

エステティシャンになるうえで、最終的には「自分のサロンを持つこと」を目標にしている人もいるでしょう。

エステティシャンはスキルが身につけば独立もしやすい職業ですが、成功のためにはしっかりとした準備が必要です。

ここではエステティシャンとして、独立するために大事な心得を説明します。

学校で基礎を学ぶ

エステティシャンは、直接人間の肌に触れる仕事です。

施術ではさまざまな美容のアイテムや器具を使うため、それらの扱い方に熟知していることはもちろん、人間の皮膚から体内のことに関しても深い知識を持った「プロフェッショナル」である必要があります。

独立を希望しているのであれば、できるだけ早い段階から基礎知識を頭の中に叩き込み、現場での仕事を通して体に染み付かせることが大切です。

基礎があってこそ応用力が身につくため、なるべく専門学校やスクールへは通っておいたほうがよいでしょう。

学校自体にはそれぞれ個性があるため、どこが良く、どこが悪いとはいえませんが、エステの協会が認定するスクールや昔からある伝統を重んじた学校であれば、よりベーシックなエステの知識を学ぶことができるでしょう。

就職先でノウハウを吸収する

就職難といわれて久しい現代ですが、専門職でもあるエステティシャンの場合、一般的な会社員ほど就職は難しくありません。

しかし、もし独立を目指しているのならば、大手エステサロンでの勤務ばかりを続けることは避けたほうがよいかもしれません。大手のサロンは従業員が多いため、エステティシャンの作業が分担制になっていることが多いからです。

小規模なサロンの場合は人数が少ないため、必然的にあらゆることを自分でしなくてはならない状況になります。

一人に任される業務範囲が広いため、最初のうちは「嫌だな」と思うかもしれませんが、将来自分で開業をするとなれば集客の企画から施術、経営面の管理など、そこで培った経験はおおいに役立つことになるでしょう。

ただし、大手ではきちんとマニュアルが確立されていたり、社内の仕組みが整っていることなどがメリットとして挙げられます。

大手と小規模サロンの両方で働き、それぞれのノウハウを吸収してから独立するという方法も有効です。

円満退社を心がける

もし独立を決めたとしたら、辞める数ヶ月前にはサロンのオーナーに伝えるべきです。もし突然辞めてしまえば、サロンは急いで後任を探さなければなりませんし、迷惑をかけてしまいます。

また、勤めていたサロンで常連となってくださったお客さまもいるはずです。このお客さんを自分の店にこっそり来させるようなことは、今までお世話になったサロンオーナーに対して恩を仇で返すようなものです。

それまでお世話になった方々を思いやり、感謝の気持ちを伝えられる人は、独立してからもきっと成功できるはずです。関わった仲間たちと良い関係を築く気持ちで、円満退職を心がけましょう。

仕事体験談