エステティシャンの一日

エステティシャンは毎日どのような流れで仕事をしているのでしょうか。ここでは、エステティシャンの1日を紹介していきます。

エステサロン勤務のエステティシャンのある1日

10:00 出社

毎朝欠かせないのが店内の清掃です。お客さまに気分よく過ごしていただけるよう、隅々まで念入りにホコリを落とします。施術で使用する機材や備品を用意する傍ら、ベッドメイキングも行います。

10:30 朝礼・ミーティンング

スタッフ全員で集合し、当日の予約状況など、1日の流れをミーティングで確認していきます。

11:00 開店・カウンセリング業務

午前中のカウンセリングを開始。初めてサロンに来店したお客さまは、毛質や肌質をしっかりとチェックします。コースで通われている常連の方にも丁寧なカウンセリングを行います。

ゆったりとした音楽を流したり、軽くアロマを炊いたりして、お客さまがリラックスできる空間を作っていきます。

11:30 マッサージなどの施術を開始

順にお客さまへの施術を開始。提案プログラムをもとに、ハンドマッサージをしたり器具を使ったりしながら適した施術を行います。お客さまの様子を見ながら、会話などでの和やかなコミュニケーションを心がけます。

13:30 休憩

施術の予約が入っていないエステティシャンから休憩で昼食をとります。

14:00 カウンセリング・施術

午後には、午前中で仕事を終えた会社員や学生などが多く来院します。夕方になると、仕事帰りのOLなども増えてきて、休む暇なく施術を続けることになります。

20:00 受付終了

仕事の関係などで遅くにしか来られない方もいるため、20時を最後のカウンセリングに設定しています。

22:00 業務終了・片付け・ミーティング

業務終了後はミーティングを行います。施術効果や業務報告、担当したお客さまのカルテの整理、明日のスケジュール確認等をします。その後、店内の清掃・片付けを行い、明日の営業に備えます。

22:30 退勤

戸締まりをしっかり確認した後、店舗を施錠して帰宅します。 

店舗によっては早番・遅番とシフト設定がありますが、少人数で動かしている店舗であれば、開店から閉店まで勤務する場合が多いようです。

独立開業したエステティシャンのある1日

09:30 開店準備

自宅の一部をエステサロンにしているため、朝は余裕があります。完全予約制のプライベートサロンとしているため、お客さまの予約に合わせて念入りにベッドメイキングや準備を進めます。

10:00 開店

最初のお客さまの来店です。午前中は近隣にお住まいの主婦の方が中心なので、日常会話を楽しみながらゆったりとした時間を過ごしていただきます。

小規模な分、完全オーダーメイド型の施術プログラムを作ります。お客さまの細かな要望にもできるだけ応えるようにしています。

11:30 お見送り

施術が終わり、肌の変化を確認したのち、玄関まで丁寧にお見送りします。

12:00 休憩

予約の合間を見て軽く休憩をとります。

13:00 出張施術へ

来店していただくだけでなく、お客さまのご自宅まで伺う出張サービスも行っています。育児中で、なかなか外に出られないお客さまなどからのニーズがあります。荷物が多いため、車で出かけることになります。

13:30 お客さま宅へ到着

施術に使用するベッドはお客さま宅のものを使うこともあれば、折り畳み式の簡易ベッドを持参することもあります。限られた空間でもリラックスしていただけるように、照明や香りで演出していきます。

14:00 カウンセリング・施術

お客さまの悩みや要望に沿った施術プログラムを提案します。施術時間は45分、60分、90分、120分と、希望に合わせて柔軟に対応しています。

15:30 施術終了

お客さまに満足いただいたのを見届けてから、ご自宅を後にします。

16:00 サロンへ到着

この日は他に予約が入っていないため、事務作業をします。常連のお客さまにハガキでキャンペーンのお知らせを出したいので、1枚ずつ丁寧にコメントを書き添えて郵送します。

18:00 勤務終了

作業が落ち着いたところでこの日の業務は終了とします。夜は雑誌を眺めて美容の研究をしたり、お客さまに喜んでいただける新サービスの企画を考えたりしながら、のんびり過ごします。

仕事体験談