エステティシャンに必要なこと、大事なこと

自分自身を磨き続ける気持ちを忘れない

エステティシャンは「美」に関心のある人にとって、好きなことを仕事にできるすばらしい職業です。しかし、いざ仕事を始めてみると、憧れだけではやっていけない厳しい面もたくさん感じることになるでしょう。

お客さまの肌の悩みやニーズは人それぞれ違います。日々技術の向上に努めなければ、正しい効果を生み出せないですし、お客さまを満足させることもできません。

また、美容業界は日々進化し続けています。常に新しい情報を学びとり、仕事に生かしていく気持ちが欠かせません。

いつでもお客さまの心に寄り添うこと

エステティシャンは、いつでもお客さまの「心」に寄り添う気持ちを忘れてはなりません。

エステサロンではカウンセリングを重視することが多いですが、ただマニュアル的に話を進めるのではなく、お客さまが何を感じているのか?どうしてほしいと思っているのか?など、直接言葉にしないところまで察知し、相手が求めるものを先回りして提案する力も求められます。

また、仕事で疲れている日でも、お客さまの前では必ず笑顔。「もっと喜んでもらいたい!」というエステティシャンの心は、お客さまにも伝わるものです。

「あなたにお任せして良かった」と笑顔になってもらえることを目指し、感謝の気持ちと謙虚さを忘れずに、お客さまに向き合いましょう。

華やかなだけではないことを理解する

美を追求し続けるエステティシャンですが、その仕事内容は華やかなだけではなく、体力勝負の部分もたくさんあります。

マッサージにはかなりの体力を要しますし、施術中は立っている時間が長くなるため全身運動をしている気分です。

また、営業時間前後には店内の掃除や片付けでバタバタと動き回ります。お客さまを笑顔で迎える裏には、こういった苦労があるのです。

また、毎日さまざまな人と接する仕事であるため、そういった面での気苦労を感じることもあるかもしれません。多忙な日々の中でストレスに負けないためには、精神的に安定していることが大切です。

オフの時間を使って上手にストレス発散したり、自分なりのリフレッシュ方法を見つけて心身ともに充実させることが、仕事を前向きに続けていくポイントにもなります。

仕事体験談