派遣のエステティシャン

派遣で働くエステティシャンとは

エステティシャンは正社員として働く人のほか、アルバイトや派遣社員として働く人もいます。

「フルタイムでの勤務は無理だけれど、身につけたスキルを生かしたい」「まずは派遣社員として自分に合う仕事かどうか見極めたい」といった気持ちがある人が、派遣社員としての働き方を選んでいるようです。

一方、派遣社員を雇うことはサロン側にもメリットがあります。

たとえば「忙しい時間帯だけ追加のスタッフが必要」「派遣社員としてきちんと働いてくれる人だけを正社員に登用したい」といった考えがある場合、積極的に派遣社員を採用しています。

派遣社員の場合、給料が月給制ではなく時給制であったり、正社員に比べて待遇面が劣ることが多いですが、その分拘束時間が短かったり、スケジュールに融通が利くなどメリットといえる特徴もあります。

希望するサロンへ正社員として就職するために、まずは派遣社員として力を身につけ、ステップアップを目指すエステティシャンも少なくありません。

派遣のエステティシャンとして働くには

美容業界やエステティシャン専門の人材派遣会社も存在します。派遣のエステティシャン志望者は、こういった派遣会社に登録し、自分の希望に合ったエステサロン等を紹介してもらうことになります。

派遣社員の場合、経験やスキルが求められることが多いですが、中には未経験者を採用するエステサロンもあります。

ただし、正社員と同等の仕事を任されることもあれば、正社員のサポート的な仕事を任されることもあるなど、仕事内容はサロンによってまちまちです。

エステティシャンとしての知識や経験を生かし、より上を目指すためのステップにしたいのならば、条件だけでなく仕事内容も確認して勤務先を決めるとよいでしょう。

仕事体験談