CIDESCO(シデスコ)とは

CIDESCOとは何か

現在、日本にはいくつものエステティック関連の団体が存在します。たとえば「一般社団法人 日本エステティック協会」や「日本エステティック業協会」などが有名ですが、そのうち、国際的なエステティック団体が「CIDESCO(シデスコ)」です。

CIDESCOとは、本部をスイスのチューリッヒに置く団体で、欧米やアジア、アフリカなど、2012年12月現在で世界に32の支部が存在します。

日本支部は1972年、CIDESCO日本支部として日本エステティシャン協会(現:日本エステティック協会)の中に設立され、2007年からは独立し「CIDESCO-NIPPON」という組織名称で運営されています。

CIDESCOは、エステティックの世界会議や研究発表、展示会、各種コンテストなどが実施していますが、そのうち一般的なエステティシャンにとって関わり深いものが、同組織の認定する「CIDESCO国際ライセンス」という資格試験です。

CIDESCO国際ライセンス

日本で実施されるCIDESCOの国際試験は、来日した本部の教育委員の下に厳しく審査されます。

この資格を取得すると加盟国共通の「国際ディプロマ」が得られ、各国で必要な就労ビザを取得することで海外でもエステティシャンとして活躍することができます。

日本国内でCIDESCOディプロマを取得する場合、以下の2通りの方法が挙げられます。

1.CIDESCO国際認定校において1200時間以上のCIDESCOコースを修了し、卒業時に同校でCIDESCOスクール国際試験を受験して合格し、その後2年以内に600時間の実務経験を積む。

2.3年以上の実務経験を積んでいるエステティシャンが、ポストグラジュエイトCIDESCO国際試験(※受験資格あり)を受験して合格する。

CIDESCO国際認定校

CIDESCO国際ライセンスを取得したい場合、CIDESCO国際認定校で学ぶのが近道となるでしょう。

この認定校では資格取得を目指したカリキュラムに沿った授業を受けられるほか、スクールによっては日本エステティック協会など、国内の別協会が認定するエステティシャン資格を取得することも可能です。

CIDESCO国際ライセンス試験やCIDESCO国際認定校に関する情報は、CIDESCO NIPPONのホームページをご確認ください。
CIDESCO NIPPONホームページ

仕事体験談