アルバイトのエステティシャンとして働く

アルバイトの仕事内容

エステティシャンを目指す場合、エステの専門学校やスクールに通って基礎的な知識と技術を身につけたのち、サロンなどに正社員として就職をするという流れが一般的です。

ですが、エステティシャンは必ずしも資格を必要としないためアルバイトとしても働くことができます。

アルバイトは普通、未経験者でも採用してもらえます。その代わり、第一線でお客さまに施術をするというよりも、雑務を任されることが多いです。

ただし、アルバイトでも現場経験のある人や、慣れてきたら施術を任せてもらえることもあります。

短時間だけエステサロンで働きながら、エステのスクールに通ってステップアップを目指す人も多くいます。

アルバイトで働くメリット

エステティシャンの労働時間は長くなりがちです。正社員であれば、閉店後もミーティングや講習会などさまざまなイベントがあり、毎日深夜帰宅ということもあり得ます。

一方、アルバイトの場合は決まった時間のみ働いて帰ることができ、プライベートとの両立もしやすいです。エステ業界を知り、自分に合っているかどうかを確認したいという場合、アルバイトからスタートするのもよいかもしれません。

正社員の道も用意されている

長年アルバイトとして同じ職場で働き、エステティシャンとしての力を身につけていけば、正社員に登用されることもあります。

ただし、エステ業界は人の出入りも激しく、後から実力のある人がどんどん入ってくる可能性もあるため、努力しなければ簡単に追い抜かれてしまうでしょう。

もしエステティシャンとしてバリバリ活躍できるようになりたいのであれば、「アルバイトだから」と気を抜くのではなく、正社員以上に努力する気持ちが必要です。

そのような気持ちがあれば、正社員デビューできる可能性が開けてくるでしょう。もし勤め先で正社員登用制度がなくても、実力があればより良い条件の会社へ転職できるはずです。

エステティシャンは、正社員以外にもアルバイトや派遣など、さまざまな雇用形態があります。自分の現在のスキルや目指す姿、働き方をよく考えたうえでエステ業界に飛び込みましょう。

仕事体験談