演出家のやりがい

大変であればあるほど、成功したときの感動はひとしお

演出家の仕事は、ひとつの作品に対して、短くても数ヵ月から数年かけて進むプロジェクトです。

企画会議中、リハーサル中、撮影中、編集中、他のスタッフともめることもあるでしょうし、身体を壊してつらいなか、自分の身体に鞭を打って働くこともあるでしょう。

しかし、公演後、公開後、放送後に大ヒットとなれば、それまでの苦労やつらい思いも吹っ飛び、「また次もがんばろう!」という気持ちにもなれるのです。

一生名前の残る仕事ができる

演出した作品には一生自分の名前が残ります。

演劇であれば、チラシやパンフレットなどに名前が書かれ、映画やドラマ、アニメなどの映像作品であればテロップに名前が流れます。

なかでも演出家は一番最初やおおトリとして最後に名前が記されることが多く、その名前を観て初めて「自分の作品だ」と実感する演出家も多いようです。

世の中に名を残す作品が作れる、それは自分の生きた証しでもあり、誇るべきもの、演出家としての醍醐味でもあります。

観た人に感動を与える喜び

「この作品に出会って、もう一度人生をがんばろうと思った」作品を観た人からそんな手紙をもらうこともあります。

感動、笑顔、激励、喜び…たったひとつの作品でも、観た人の分だけ与えられる何かがあります。

自分の作った作品がどこかで誰かの励みになっている、救いになっているということは、大きな社会貢献でもあります。

「あなたの作品を観て、演出家を目指した」そんな後輩が現れることもあるでしょう。

観た人から感動の声や、手紙が届くたびに、「作ってよかった、もっとたくさんの作品を作ろう」というやりがいが生まれます。

作品で伝えたい「何か」がある

「自分の意見や、考え、思想などを、演劇や映像にのせて伝えるために作品を作る」そう語る演出家も多く存在します。

彼ら、彼女たちは、そのために演出家になったと言っても過言ではありません。

「自分が納得するまで作品を作り続ける、少しでも多くの人にこの思いを伝えたい」それが実現できるのが演出家という仕事です。

その使命に燃えている演出家にはもうやりがいなんて探す必要がないのかもしれません。