演出家のつらいこと、大変なこと、苦労

一に体力、二に体力

演出家は、舞台リハーサルや撮影に入れば早朝から深夜まで働くことも多々あります。

「先生」や「監督」と呼ばれることが多い演出家の仕事も、実際はとてもハードなものです。

「座って指示をするだけ」なんてこともなく、俳優のそばについて演技指導、舞台装置の確認、ロケ場所の選定、カメラ構図のや照明の確認など、ひっきりなしに動き回ることも多く、一日終わればぐったり。

不規則な生活が続き、睡眠時間がろくにとれない日もあり、若いうちはそれほどつらくないハードスケジュールであっても、歳をとるごとにきつくなっていきます。

元々身体が丈夫ではない人であればなおさらです。体力面での厳しさは覚悟しておいた方がよいでしょう。

スタッフ、俳優、すべての人間関係もまとめる気苦労

体力と同様に大変なのが、人間関係です。

公演や、映画の規模によっては俳優を含めたスタッフの数は数百人に及ぶこともザラにあります。

当然、馴染みの常連スタッフもいれば、初対面のスタッフもいますし、自分と波長が合う人もいれば、合わないスタッフも多々いるかもしれません。

カメラマンや照明スタッフなどはベテランも多く、自分よりはるか年上の職人気質な人もいます。

俳優さんも同様です。誰もが名を知るような大御所俳優さんもいれば、まだ小学校入学前の子役がいることもあります。

良い作品を作るためには、どんなに苦手な相手や言いづらい相手でも、指示を出し、必要であればリテイクを出さなければなりません。

それだけの人数がいれば、時に争いや喧嘩が起きることもあるかもしれません。そんな時もリハーサルや公演、撮影に影響の出ないように仲裁に入るなどして、騒ぎを納めなければなりません。

周りの人に気を遣い、うまくたちまわる、人間関係に対する気苦労も多い仕事なのです。

正解のない仕事、スランプに陥ることも…

芸術や制作に関わるすべてのお仕事がそうであるように、どんなに才能ある演出家でも、やはり何度かはスランプというものにぶつかります。

良い演出が浮かばない、思いどおりの物が作れない、そもそも自分はどんな物を創りたいのか、何が自分らしさなのかもわからくなる、そんな時が出てくるでしょう。

演出には正解も不正解もありません。完成した作品の出来をまわりがどう判断するかがすべてです。

それだけに、自分の持つアイデア、才能、センス、実力をもってしても超えられない壁にぶつかり苦悩することも多いでしょう。