演出家の給料・年収

演出家の平均年収は?

演出家の給料はとても幅が広く、まったく収入の無い人もいれば年に数千万円を稼ぎ出す有名な演出家もいます。

比較的不安定な職業ともいえるだけに、本格的に目指す前にお給料に関して正しく理解することはとても重要です。

第一線で活躍している売れっ子の演出家は、選ぶほどに仕事の依頼があり、年収が1000万円を超えることも当たり前にあるようです。

しかし、どのような仕事でも下積みの時代があるように、演出家も見習いの時代は給料も少なく、自分で劇団を立ち上げた当初などは収入がゼロの場合もあります。

かけだしのころなどは、アルバイトなどでかけ持ちをして生計を立てていることもめずらしくありません。そしてその後、収入が増えるかどうかも本人の実力と運しだい。

成功した場合とそうでない場合とで、収入面でも大きな差があるのも事実なのです。

制作会社に勤めた場合の待遇

テレビ局や制作会社に就職した場合の初任給は20万円ほどだといわれています。

これは演出家としてというよりは、会社員としての給料でもあり、そういう点では他の職業と収入面で大差はありません。

電波での演出家の収入が大きく跳ねるのは独立してから。

制作会社での下積み期間を経て、演出家としての成功を収め、さらにフリーでの活躍をするようになれば年収も大きく変化します。

劇団に所属した場合の収入

著名な劇団を除く一般的な劇団は収入面では赤字が出なければ上々ともいわれています。

美術費や公演費を考えるとかなり高い確率でマイナスになってしまうこともあります。

こうした劇団の演出家は、やはり副業やアルバイトと掛け持ちしていることも多く、収入面ではとても不安定です。決して安定した世界だとはいえませんが、成功したときには大きな収入が見込めるのも事実。

演出家になりたいという強い思い、自分の力を信じて、それまでは根気良くがんばれるか。

現在、東京藝術劇場芸術監督も務める演出家・野田秀樹も大学時代に「劇団夢の遊眠社」を結成し、演出家の道を歩み始めました。

現在は数千万の収入を誇る彼も、当時はほぼノーギャラ。

その努力が報われて、劇団が成功し、その名前が広く知られるようになったとき、劇団以外の仕事も舞い込むようになり気づけば数百万、数千万の収入を手にするようになったのです。