演出家の求人・採用募集状況

厳しい募集状況

「演出家」の募集という風にみると、それほど盛んに行われていないように思われます。

それは「アシスタントから大手の制作会社や劇団などでも、チャンスを狙っている無名の演出家のライバルは多くいますので、他の制作の仕事と比較すると厳しい現実があります。

演出家の求人がかかるところといえば、まずはテレビ局や制作会社。

状況はどうかというと、当然大手であればあるほど、狭き門になっています。

そもそも募集がかかること自体も少なく、とくに賞などの実績のない無名の方の場合は、採用にこぎつけるまで厳しいものがあるかもしれません。

次に劇団はどうでしょうか?ホームページやチラシを使って、演出家を募集することもあります。

こちらもやはり、知名度の高い劇団であればチャンスを狙っている演出家の卵も多く、競争率は大変高くなります。

演出家の依頼は売れっ子に偏る

なぜ演出家の求人はめったにかからないのか?

それには理由があります。

テレビ局も制作会社も、多くの場合は「制作スタッフ」という名で入社し、アシスタントのその下、雑用仕事からスタートする人はほとんどです。

そこから仕事ぶりをがめられ、アシスタントに昇格し、そこでがんばるうちに声がかかり、晴れて演出家デビュー。このような道を歩む人が多いのです。

右も左もわからない新人にいきなり責任重大な演出家の仕事などまかせられるわけもなく、必然的に「演出家」という枠での求人はなくなります。

つまり、演出家になりたければ「制作スタッフ」からが筋。雑用でもアルバイトでもその業界に入ることが大切。

そして「制作スタッフ」という名での求人募集はさまざまな制作会社でしばしば見かけます。

映像制作専門学校などであれば、毎年新卒での求人情報も届きます。さまざまな制作会社や劇団の常に募集状況をチェックして、チャンスを見つけ出す努力も大切でしょう。

フリーで働くという選択肢

実は演出家という職業は、会社に所属していることのほうが少なかったりします。

つまりフリーランスで仕事をしている人が多いということ。

現在演出家として活躍しているひとたちも、大半はフリーで活躍している人たちです。

生活を安定させるためにも、可能ならば最初はテレビ局や制作会社に入ったほうが良いですが、それが叶わなかった場合は、フリーという道で演出家を目指す道もあります。

その場合は、どこかの劇団に所属したり、自分で映像作品を作り賞などに応募して作品が認められるまでがんばることとなりますが、そのような道で陽の目を浴びた人は決して少なくありません。

少しずつ実績を積み、手掛けた作品が話題になったり、賞を取るなどして知名度を上げれば、演出家としての仕事をスタートさせることができます。