演出家になるための学校(大学、専門学校)

映像制作の専門学校

映像制作の専門学校など、演出家になるための専門学校は首都圏を中心に数多くあります。

最近では、映画、バラエティ、ドラマなど専攻が細かく分かれている学校もみられます。

演出家に必要なノウハウを基礎から学ぶことができ、卒業後は制作会社への就職紹介という心強いサポートもあります。

例を出すと、『TRICK』『SPEC』シリーズで知られる堤幸彦監督や、『世界の中心で、愛をさけぶ』や『クローズド・ノート』などおもにスクリーンで活躍する行定勲監督ら、現在第一線で活躍する大物演出家が多数卒業する東放学園専門学校。

東京放送が運営する専門学校で、その名の通り、テレビなどの放送業界人を育成する学校です。

この他にもいろいろな専門学校があり、自分と合うところや、好きな演出家が卒業している学校を目指す人も多いようです。

センスを磨きたいなら…美大へ進学する

美術系の大学にも映像系の専攻学科があるところがいくつかあります。

有名なところで言うと、日本大学藝術学部、通称「日芸」。

藝術系、デザイン系の学科全8学科あり、なかでも映画学科と写真画家は多くの作家を輩出していることで有名です。

アニメ『ガンダム』シリーズの演出で知られる富野由悠季監督、映画『ハチ公物語』の神山征二郎、『海猿』シリーズの羽住英一郎監督など大御所から若手まで、現在日本で活躍する多くの大物演出家を輩出しています。

映画界で活躍したい人には特におすすめの学校です。

ほかにも多摩美術大学の二部(夜間)には映像演劇学科があるのも有名です。こちらも数々の演出家や俳優を生み出しています。

学校に関わらず、演劇部に所属する

やっぱり専門の学校で学ばないとだめなのかというと、そんなことはありません。

現在活躍する演出家の中にも、演劇や映像、芸術とはまったく関係のない学校を卒業した人もたくさんいます。

たとえば、劇作家であり演出家でも有名な野田秀樹。彼は東京大学の法学部に在籍しながら、演劇研究会に所属し、その後劇団「夢の遊眠社」を立ち上げます。

このように、普通の大学に在籍しながら、演劇の研究会や同好会に入り学業と並行して演劇活動を続ける人も数多くいます。

演出家になるのに、決まったルールなどなく、それよりも熱意やセンス、能力のほうが大事なのです。