映像クリエイターのやりがい、魅力

感性をフル活用した仕事

映像クリエイターとして働く上では、自分の感性をフル活用することが大切です。

クライアントの伝えたいことを聞いて自分なりのイメージを作り、そこにどんな映像を繰り広げ、どんな音楽を流し、どんなナレーションやセリフをあてるのかすべてをゼロから創造していきます。

子どものころにスケッチブックに向かうとき感じたような「ワクワク」や「ドキドキ」を大人になっても感じ続けることができる職業です。

そしてそのイメージが実際に形になっていくときの「ゾクゾク」するほどの快感が忘れられずにこの仕事を続けている人も多いようです。

映像クリエイターの仕事は激務となることも多いですし、常に生みの苦しみと戦わなければいけないという大変さはつきものです。

しかし、自分だけの感性を生かして素晴らしい作品を世に送り出せることが最大の魅力といってもよいのでないでしょうか。

映像を通してメッセージ伝える

映像クリエイターという職業のやりがいは、自分の頭の中にしかなかったイメージを映像として形にすることで多くの人と思いを共有できることでしょう。

美しい映像を通して感動を共有したり、楽しい映像で笑いを共有したり、悲しい映像でともに涙を流したりできることで、人々がさまざまな感情を分かち合うことができます。

ときには世の中に強く訴えなければいけない主張を、映像を通して広く伝えることができるケースもあるでしょう。

映像クリエイターは、大切なメッセージの仲介者でもあるのです。

ダイレクトな反響に喜び

また、最近はブログやTwitterを通して視聴者の感想を見ることができますし、動画サイトであれば直接コメントを書き込んでもらえることもあります。

「感動して何度も見ました!」「大好きな映像になりました」「強いメッセージが伝わってきました」という声をダイレクトに感じ取ることができる機会も増えているのです。

こうした声のひとつひとつが、映像クリエイターにとって大きなやりがいとなっています。