映像クリエイターの求人、就職状況

映像クリエイターの就職状況

映像クリエイターになるためには、映像制作を専門に請け負っている企業や、テレビ局、広告代理店の求人に応募するのが一般的な方法なります。

景気によって影響を受ける業界ではありますが、テレビのデジタル化やインターネットの台頭によって、昔に比べると映像の仕事は格段に増えているといっても過言ではありません。

就職を考える上で大切なのは、映像クリエイターの仕事が多岐にわたり、就職する企業によって力を入れているジャンルが異なるということです。

企業のテレビコマーシャルを制作しているところもあれば、アーティストのミュージックビデオが得意なところもありますし、ゲームや映画用のCG映像をメインで引き受けているところもあります。

また、最近では結婚式で流すプロフィールビデオやメッセージビデオを制作する企業も増えてきているようです。

「映像」といってもその仕事内容は本当に幅広いので、自分がどんな分野の作品を作りたいのかを考えた上で、企業を選ぶことが大切です。

映像クリエイターの雇用形態

映像クリエイターの雇用形態は正社員、契約社員、派遣社員とさまざまです。

業界全体の特徴としてはフリーランスで働いている人も多いという実情があり、人気や実力がある映像クリエイターの場合はたくさんのオファーの中から引き受ける仕事を選びながら働いています。

映像制作の仕事は機材さえあればどこでもできるので、自宅の一室を作業場として、打ち合わせ以外は在宅で働くというスタイルをとっている人も多くいるようです。

アルバイトも多い業界

また、映像の仕事で一人前になるまでには長い時間がかかるという一面があることから、映像制作会社では最初は契約社員やアルバイトとして採用することもあります。

先輩の仕事を手伝いながら能力を磨き、任される仕事が増えていけばいずれ正社員として採用されるというスタイルです。

契約社員やアルバイトのうちは生活は大変ですが、優秀な先輩のもとで指導を受けることで貴重な経験を得られるので、将来を見据えて何年かは修行をするという道を選ぶ人もいます。