栄養士の給料・年収

栄養士の給料はどれくらい?

栄養士の給与は高いとはいえません。地域によっても変わりますが、月給で17万〜22万円くらいが相場となります。

年収では250万〜400万円くらいとなるでしょう。

病院や福祉施設と比べると、委託給食会社の方が待遇面で劣ることが多いようです。

高収入が望めるという職業ではありませんが、職場によっては栄養士の資格手当がつく場合もあります。

栄養士資格だと、2,000円〜5,000円、管理栄養士だと、5,000〜10,000円ほどつくこともあるでしょう。

民間企業などは、会社の規模、経済の状況、営業実績などで変わってきます。受けたい企業がある場合は、チェックしてみましょう。

職場ごとの給料

職場ごとの栄養士の平均給料を紹介します。これは、あくまで平均的な目安です。

おおよそではありますが、給食会社の栄養士の場合は、18万〜22万円、病院の栄養士の場合は、18万〜27万円、老人施設の場合は、約18万〜25万、保育園の場合は、約18万〜20万円ほどとなります。

一般的には、専門性が求められる分、病院の栄養士の給料が高くなっているようです。

公務員の栄養士は、経験によって級が上がっていくので昇給しやすいといえます。

初任給は、18万〜20万円ほどとなるでしょう。民間企業での昇給は、企業の評価制度や企業の経営状態などに、よりさまざまです。

食品メーカーの開発や研究は、給与や待遇がいいといわれているので人気があります。

栄養士の平均年収統計

平成27年の賃金構造基本統計調査(厚生労働省)によると、栄養士の平均年収は34.8歳で340万円ほどとなっています。

・平均年齢:34.8歳
・勤続年数:7年
・労働時間:167時間/月
・超過労働:7時間/月
・月額給与:235,200円
・年間賞与:576,400円
・平均年収:3,398,800円

出典:厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成27年 栄養士の年収(規模別 ※女性のみ)

栄養士の年収は、勤務先の企業規模とあまり相関がない様子です。

10〜99人の規模の事業所に勤める栄養士の平均年収は318万円、100〜999人規模は354万円、1000人以上規模344万円、10人以上規模平均340万円となっています。

栄養士の年収(規模別)_27

平成27年度 栄養士の年収(年齢別 ※女性のみ)

栄養士の年収は、年齢が上がってもあまり変わらない傾向にあります。

50代になるまでは300万円台、50代以降は400万円をやや超えるという数字になっています。

栄養士の年収(年齢別)_27

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

仕事体験談