派遣の栄養士

派遣の求人について

栄養士の資格を取得して働きたいと考えている人は多くいますが、正社員として採用されるのが難しく、どうしても他の雇用形態にも目を向けなくてはならないことがあるかしれません。

そうしたとき、派遣という働き方を考えてみてもよいでしょう。

派遣の栄養士の仕事は、基本的に正社員とさほど変わりません。

福祉施設などで調理業務が中心となることもあれば、病院や学校などで献立作成や栄養指導にまで携わる場合もあります。

案件によって、さまざまな仕事を経験することができます。

派遣の栄養士として働くには

派遣の栄養士として働きたい場合、まずは派遣会社に登録をするところからスタートします。

その際、希望の勤務条件などを派遣会社に伝えますが、栄養士としてどの程度の経験やスキルを持っているのか細かく聞かれることもあります。

その結果によって派遣会社は求人内容とのマッチングを行い、自分に合う仕事を紹介してもらうことができます。

派遣はあらかじめ決められた期間で働くため、契約期間が終わって契約延長とならなければまた新しい仕事を紹介してもらわなくてはなりません。

自分の都合や希望に合わせて職場を選べたり、さまざまな職場で働けるのは魅力的ですが、どうしても正社員よりは待遇面で劣ると考えておいたほうがよいでしょう。

どんな人が派遣で働いているのか

派遣の栄養士は、主婦などでフルタイムで働くことが難しい人もいれば、正社員になりたいけれど思うような就職先が見つからずにつなぎとして働いている人もいます。

なお、たとえ派遣であっても、栄養士としての専門的な知識や資格は必要とされるため、責任感を持って業務に臨む必要があります。

派遣から正社員になれる可能性も

派遣としてしっかりと働き、実力や意欲が認められれば、そのまま正社員になれる可能性もあります。

また、その職場では正社員になることが難しかったとしても、派遣として培ってきた経験やスキルはその後も生かしていくことができます。

いずれは正社員になりたいと考えているのであれば、今後の転職活動の際のアピールポイントになるくらい真剣に働いておくとよいでしょう。

仕事体験談