栄養士になるための学費

栄養士になるための栄養士の資格を取得するために通う学校の種類を大きく分けると、栄養士養成課程を置く大学、短大、専門学校が挙げられます。

ここでは、それぞれの学費について見ていきましょう。

大学

栄養士養成課程を置く大学は昼間部の4年制で、栄養士養成課程と管理栄養士養成課程の両方を置く大学があります。

ただし、最近では栄養士の上位資格とみなされる管理栄養士を目指す人が増えていることから、多くの大学で管理栄養士国家試験の受験資格が得られるカリキュラムが組まれています。

全国に数ある私立大学の場合、学費は年間100万円~130万円程度が相場ですが、1年次は入学金が必要となるため150万円ほどになる学校もあります。

このほか、教材代や実習にかかる費用、同窓会費などが合計10万円~30万円ほどかかるのが一般的です。

国公立大学であれば、私立大学の3分の2程度の学費でおさまるところが多いようです。

短大

栄養士養成課程を置く短大は昼間部で、2年制の学校が中心です。

年間の学費は100万円~130万円程度ですが、1年次は加えて入学金が20万円~40万円程度かかるのが一般的です。

このほか、教科書やテキスト代、実習費、課外活動費、卒業準備金などが学校によってかかってきます。

専門学校

専門学校は、昼間部2年制のところが多くなっています。

年間の学費は100万円~150万円程度が一般的であり、ここには授業料や施設設備費、維持費、実習費などが含まれます。

また、1年次には入学金もかかります。

学費のほか、教材費(教科書や白衣、包丁セットなど)および同窓会費などがかかる学校が多いようです。

専門学校の場合、大学や短大以上に実習に力を入れているところが多く、とくに調理技術の向上を目指したカリキュラムを置く学校もあります。

学校の特色によって学費にも幅が出てくるため、よく比較してみることをおすすめします。

仕事体験談