営業事務の社内での位置づけ、役割

売上を作る営業のサポートをする

営業事務は、主に企業の営業部門において、事務の面から営業担当者のサポートをしています。

そもそも営業部門というのは、企業の中でも「売上」や「利益」を生み出す部門として位置づけられています。

どれだけ素晴らしい商品やサービスを企画・開発しても、それをお客さまに届けることができなければ、売上を作ることができず、利益を生み出すこともできません。

お客さまのニーズをくみ取ったうえで、商品・サービスの魅力を伝え、販売に結びつけていく。

その過程においては、プレゼン用の資料や見積書・請求書の作成、電話・メール応対など、さまざまな事務作業が発生します。

そうした細かな部分の仕事を担当し、営業を裏方として支えているのが営業事務というわけです。

営業事務は、あくまでも「事務職」として縁の下の力持ち的な立場ではありますが、しっかりと仕事をこなしていればそれだけ営業も仕事を進めやすくなりますから、売上を作ることに対して陰で貢献しているといえるでしょう。

アシスタントとしての役割をこなすことも

営業事務は場合によっては、営業アシスタントとしての役割まで任されることもあります。

アシスタントとして働く場合、営業事務と同様に書類作成などの事務作業のほか、たとえば営業担当者が不在時には代わりに営業活動のために得意先を回ったり、客先でプレゼンを行ったりします。

ただし、こうした職種名については、企業によって捉えられ方がまちまちであるため注意が必要です。

たとえば、求人情報に「営業事務」と書いてあったとしても、実際には外に出る機会が多いアシスタント的な仕事まで含まれることもありますし、逆に「営業アシスタント」と書いてあった場合でも、内勤での事務の仕事が大半を占めるケースもあります。

基本的な営業事務の位置づけは冒頭で述べたようなものといえますが、実際には企業ごとに多少異なると考えておいたほうがよいでしょう。