営業事務の仕事、業務内容

営業のサポート役として活躍する

営業事務は、メーカー、商社、金融といったさまざまな企業において、主に営業担当者のサポート役となる仕事です。

具体的には「事務」という名がついている通り、お客さまからの電話・メール応対、請求書や資料作成などの仕事を担当します、

そのほか商品の受発注・管理、在庫や納期管理などにも携わったり、お客さまに対する簡単な商品説明など、営業アシスタント的な役割まで担うこともあります。

営業は外回りに出ていることが多く、またそれぞれ異なるニーズを抱えている複数のお客さまを担当するため、お客さまから問い合わせが入ったとしても即時の対応が難しかったり、膨大な業務を抱えてしまいがちです。

そこで、社内にいる営業事務が営業とタッグを組み、しっかりとバックアップすることで、営業は仕事を円滑に進められるとともに、お客さまにも信頼感を与えることができます。

営業事務に求められること

営業事務は、Word、Excel、PowerPointなどOffice系ソフトを使用することが多いため、基本的なPCスキルは必須とされることが多いです。

お客さまと直接やりとりをする機会もあり、商品・サービスに関する知識や、ビジネスマナーも身につけておく必要があります。

相手の望むことを素早く察知して、正確に、テキパキと段取りをつけて事務処理を進めていける人が活躍しやすい仕事です。

海外のお客さまへ営業を行っている場合、書類作成にも英語を使う必要が出てくるなど、一定の語学力が求められることもあります。

チームワークも大切

営業事務は基本的に外に出ることはなく、縁の下の力持ちとしての活躍が期待されます。

決して目立つ立場ではないかもしれませんが、優秀な営業事務がいれば営業は仕事が格段に進めやすくなり、パフォーマンスの向上にもつながります。

企業の業績を支え、売上や利益を生み出すためには不可欠な存在だといえます。

普段はコツコツとした仕事も多いものの、営業担当はもちろん、社内の各部門における関係者との連携が必要な場面も多々あります。

チームワークを大切にしながら、営業とともに目標達成に向けてがんばっていくことで、大きなやりがいを味わえる仕事です。