営業事務の現状と将来性

門戸は広いが、正社員以外の採用も増えている

営業を事務の面からバックアップする営業事務は、昔からさまざまな企業で必要とされ続けてきた存在です。

同時に、この仕事への就業希望者も変わらずそれなりに多いようですが、営業事務を専任で雇う企業は、以前に比べると減少傾向にあるという声も聞かれます。

その理由のひとつは、ITの進化と普及によるものだと考えられます。

企業におけるIT活用が一般的なものとなり、営業の現場でも、積極的にパソコンやWebを使うことによる合理化、効率化が進んでいます。

つまり、それまでよりも「人の力」が必要とされにくくなっているというわけです。

こうした影響は、書類作成などの事務作業を中心に行う営業事務にも及んでおり、現在、需要に見合った求人数があるかというと、そうも言いきれないところがあります。

同時に、不況や各社間の競争が厳しくなっているなどの時代背景がある今、どの企業もできるだけコスト削減したいと考えており、正社員ではなく契約社員や派遣社員としての採用を行うケースも目立ちます。

営業事務として安定して活躍するには

このように、営業事務を取り巻く環境は決して甘いものではありませんが、一方、スキルの高い人はどの企業もこぞって「採用したい!」と考えているのも確かです。

営業事務は単なる事務だと思いきや、じつはPCスキル以外にも、判断力、段取り力、コミュニケーション力など、さまざまなヒューマンスキルを必要とします。

これらを備えており、事務のスペシャリストとしてしっかりと営業をサポートできる人は、一般的な営業事務に比べてかなりの好待遇で採用されている例もあるようです。

営業事務は、もともと未経験者でも就きやすい仕事だとされていましたが、この仕事を正社員として長く働き続けていきたいのであれば、スキルアップに対するより強い意志と努力が必要となるでしょう。

同じ営業事務といっても、職場によって仕事内容や仕事の進め方は異なり、そこで身につけられるスキルや成長スピードも変わってきます。就職先選びから慎重に行う必要があるといえます。

なお、同じ事務系の仕事でも、「経理職」は簿記の専門知識が必要とされたり経験が求められたりするケースが多く、より専門性をアピールしやすいといわれています。

営業事務では不安という人は、こうした道へ進むことも選択肢のひとつになるでしょう。