営業事務に向いている人、適性

裏方として人を支えることが好きな人

営業事務は、さまざまな事務作業をこなすことで、営業をサポートする仕事です。

お客さまの元へ出向き、外回りを続ける営業に対して、社内でのデスクワークが中心となるのが営業事務の仕事。

営業事務がどれだけ気を利かせてスムーズに仕事をこなすかによって、営業の働きやすさや顧客満足度は大きく変わってきます。

営業事務の場合、どちらかというと自身が前面に立って多くの人を引っ張ったり、ガツガツと進んでいったりするのが好きな人よりは、たとえ目立たなくても、裏方として人を支えることに満足感を得られる人のほうが向いているといえるでしょう。

営業のように、自分の仕事の成果が売上などの数字で直接見えないことも多くあります。

しかし、「以前よりも同じ仕事を速くこなせるようになった」「営業からありがとうと言ってもらえた」など、日々のちょっとした出来事から自身の成長を感じて、それをモチベーションにしていけるような人が営業事務には向いています。

チームワークを大事にできる人

営業事務は一人でコツコツと作業を進めているように見えるかもしれませんが、じつは営業をはじめ、さまざまな人との関わりが多く、コミュニケーションが重視される仕事です。

日ごろから営業担当者との連携をしっかりとることはもちろん、売上などの数字に関しては、社内の経理部門などとやりとりすることもあります。

また、お客さまから直接メールや電話を受けて対応することも多く、相手のニーズをくみ取って、それにきちんと応えられる営業事務こそが優秀だといわれます。

人と接することを苦にせず、チームメンバーと協力しながら目標達成に向けて一致団結するのが好きという人であれば、この仕事を楽しんでやっていけるでしょう。

几帳面で計画的に物事を進められる人

営業事務の仕事では、顧客情報の管理や見積書・請求書作成など、ミスが許されないものも多くあります。

営業は常に忙しく動いているためスピード感が求められますが、それと同時に慎重に作業を進めていくこともとても重要です。

厳しいようですが、いざ仕事の場に出れば「ミスをしないことは当たり前」といわれるようになります。

単調な作業が続くときは集中力を保つことも大変かもしれませんが、何事に対してもいい加減ではなく、几帳面で、計画立てて物事を進めていけるような人に適した仕事だといえるでしょう。