営業事務の勤務時間・休日・残業

勤務時間

さまざまな業界の企業で働く営業事務の勤務時間は、各企業の就業規則に沿ったものとなります。

一般的には、「9:00~18:00」「8:30~17:30」くらいに設定されていることが多いですが、業界や企業によって多少前後します。

毎日の仕事は決まった時間にルーティンで行うものもありますが、日中、外回りに出ている営業担当者の代わりにお客さまからの電話・メールに対応したり、営業から都度依頼を受けた仕事を進めていったりと、1日はめまぐるしく過ぎていきます。

一般的な企業では夜勤が入ることは普通なく、日中の時間帯に仕事をします。

残業

営業事務の仕事は、ほとんどがオフィスワークであるものの、毎日必ず定時退社できるかというと、そうもいかないのが実情のようです。

というのも、営業事務は営業担当者やお客さまの都合に合わせて仕事を進めていくことになるため、どうしても他人の状況によって仕事のペースを左右されやすいからです。

実際、営業担当者から急な資料作成を頼まれることもありますし、お客さまの要望に応えるために残って作業を片付けなくてはならないといったことも出てきます。

自分が予定していた仕事が片付けば「はい、終わり」とはいかないのは、営業事務の大変なところだといえるでしょう。

繁忙期には、どうしても残業が重なってしまうこともあります。

ただし、どの程度残業があるかに関しては、「勤務先によって異なる」というのが確かです。

なかにはよほどのトラブルがない限り、毎日ほぼ定時で帰宅している人もいるようですから、すべての営業事務が忙しいというわけではありません。

もちろん、自分が効率的に仕事を進めることでも、残業を減らすことは可能です。

休日

休日に関しても、各企業が定める就業規則によって異なります。

土日が休日の「週休2日制」としている企業が多いですが、これも業界によっては平日の特定の曜日が休みになっていたり、シフト制で不規則な休日になったりすることもあります。

お客さまが稼働しているときは、営業担当者や営業事務も動くことが多くなっています。

そのほか、一般的には国民の休日も休みとなるほか、夏季休暇、年末年始休暇などがあります。