営業事務の1日

事務作業をこなし、営業担当をサポートする

営業事務は、基本的にオフィスで1日を過ごす生活が続きます。

勤務先によって仕事の進め方は異なるものの、電話・メール応対や伝票整理、出荷処理、データ入力、資料作成といった細々とした事務作業をこなし、営業を裏方としてバックアップしていきます。

状況に応じて臨機応変に仕事を進める必要もあるため、その時々によって過ごし方は変わってきますが、ここでは主な1日の流れを紹介します。

メーカーで働く営業事務のある1日

08:20 出社

パソコンを立ち上げてメールチェック。急ぎで対応すべきものがないか確認します。

08:45 連絡事項の確認

当日の営業担当者の予定や連絡事項を確認します。営業は早速お客さまの元へ出かけていきました。

09:00 始業

始業時間が過ぎると、お客さまから次々と電話がかかってきます。不在の営業担当者に代わり、明るい声で丁寧に対応します。

10:00 見積書作成

営業担当者に依頼された見積書を作成します。

12:00 休憩

同じ部門のメンバーと一緒に、会社の食堂でランチをとります。

13:00 伝票処理

営業担当者から預かっている売上明細を基に、伝票処理を行います。

14:30 受注処理

お客さまから入った注文内容を確認しながら、スピーディーに処理していきます。

16:00 資料作成

WordやExcelを使って、営業に必要な資料を作成します。

17:45 日報作成

当日行った業務内容について文書にまとめます。また、帰社した営業担当者と必要な情報を共有します。

18:00 業務終了

その日にやるべき仕事が残っていないか、必ず確認をしてから業務を終えます。残業になることもあるので、順調に作業が終わった日は早めに帰宅してゆっくり休みます。