営業事務と一般事務の違い

一般事務の仕事とは?

一般事務は、さまざまな企業の各部門において、一般的な事務や庶務に携わる仕事です。

具体的には、電話・メール・来客応対、資料等の書類作成、郵便物の仕分けや発送準備、ファイリングなどをこなします。

配属先は企業によって異なりますが、各職場の仕事が円滑に進むように、裏方としてサポートすることが一般事務に求められる役割です。

ルーティンの仕事もありますが、都度、多様な職種の人からの頼まれごとをこなすことが多くなるため、他者と上手にコミュニケーションをとる力が求められるほか、ビジネスマナーやスケジュール管理能力、PCスキルなども必要とされます。

営業事務の仕事とは?

一方の営業事務は、主に企業の営業部門において、営業担当者のサポート役となって事務をこなします。

具体的には、電話・メール・来客対応、見積書や請求書の作成、商品・サービスの受発注、在庫・納期管理、売り上げ伝票の作成、スケジュール管理、データ入力などを行っています。

基本的には営業から依頼を受けて、仕事を進めていくことになります。

営業のようにノルマが課せられることは普通ありませんが、営業事務の活躍によっては営業がより効率的に仕事を進めることができ、間接的に売上アップに貢献することができます。

事務を行うことは同じ

一般事務、営業事務のどちらも、「事務」を担当する仕事であることは共通しています。

また、両方とも自身が前面に立って働くというよりも、周囲をバックアップする縁の下の力持ち的な存在となって活躍するところも共通しています。

人の役に立つことに喜びを感じられる人であれば、同じようにやりがいを感じられるでしょう。

あえて両者の違いを述べるとすれば、営業事務の場合、営業活動に関わる事務全般をこなすという点にあります。

実際、営業事務の仕事も一般事務の仕事と重なる部分は大いにありますが、営業事務は営業部門に密着して働くため、より営業の仕事について理解する必要があったり、場合によっては専門知識を身につけることも必要になってきます。

なお、「営業事務」といっても企業によって考え方は若干異なっており、場合によっては営業事務が営業活動も行うケースがあるようです。

就職・転職を考える際には名称だけにとらわれず、仕事内容をよく確認しておいたほうがよいでしょう。