営業事務のキャリアパス

営業事務をはじめ、いわゆる「事務職」に就くことを考えている人、あるいはすでにその形で働いている人は、自身の今後のキャリアをどう広げていけるかということで悩むことも多いようです。

その背景には、一般的に、事務職は専門性を身につけにくい仕事だと考えられていることがあるのかもしれませんが、ここでは営業事務のキャリアパスの可能性ついて考えてみましょう。

職場によって身につけられるスキルは異なる

ひとことで「営業事務」といっても、実際にどのような仕事を任されるか、またどのようなスキルが求められるかは、職場によってだいぶ異なります。

事務として、資料作成や顧客対応、データ入力などの仕事をこなすことは多いですが、それをひとつこなすにしても、ある程度高い専門性を持っていないと対応できない場合もあれば、マニュアルを見ながらほぼ流れ作業のような形で進めていける場合まで、まちまちです。

ただし、基本的に営業事務は営業担当者と密に連携して仕事を進めていき、顧客の電話・メール応対をするケースもよく見られます。

そうなれば、その業界ならではの専門知識もある程度は知っていかなくてはなりません。

営業に代わって、簡単な商品案内やクレーム対応までこなすとなれば、より深い知識を身につけておく必要があるでしょう。

営業事務だから仕事が簡単というわけでは決してなく、職場によっては高度なスキルが必要とされていると考えておいたほうがよいでしょう。

営業事務からどうキャリアを広げていけるか

それでは、実際に営業事務からは、どのようなキャリアパスの可能性があるのでしょうか。

考え方はさまざまですが、もしお客さまからの問い合わせ等に直接対応したり、商品案内や納期管理まで行っている営業事務の場合には、自身も「営業」として活躍することができるでしょう。

優秀な営業事務はどこにいっても歓迎されるため、そのまま営業のアシスタント役として腕を磨き続ける道もありますが、それだけ仕事をこなせる場合には、営業になりたいと思っても受け入れられるケースが多いように思われます。

次に、営業事務として資料作成やスケジュール管理等をしっかりこなしていたのであれば、「秘書」としての基礎的なスキルも一部備わっているはずです。

当然、秘書として本気でやっていくにはさらなる勉強と経験が必要ですが、事務職から秘書にキャリアチェンジしてがんばっている人もいるようです。

そのほか、営業事務として売上等の数字を見ていた経験を生かして経理になる人もいますし、経営企画、広報、マーケティングなど、努力次第で営業事務として身につけたスキルを別の形で発揮することは十分に可能だといえるでしょう。