営業の社内での位置づけ、役割

自社の売上と利益を生み出す仕事

メーカーなどの一般的な企業には、各部門の社内における役割を大きく分けると、商品やサービスを「製造・開発」する部門と、それらを「販売」する部門の2つがあります。

それ以外にも、総務・経理・人事などの管理部門や広報部門などもありますが、直接的に売上に関わってくる部門としては先に挙げた2つが代表的な存在といえ、そのうち「販売」の役割を担うのが営業です。

営業の仕事のゴールは、自社にとって適切なお客さまを見つけ、その人たちに商品・サービスを販売することで対価を得て、それを通じて自社に売上と利益をもたらすことです。

どれだけ素晴らしい商品やサービスを作っても、きちんと営業をしなければ売上にはつながりません。

つまり、営業とは存続することを命題とする会社にとって、「命」といえるほど重要な位置づけにあたる仕事です。

だからこそ、ありとあらゆる業界の企業が自社に営業部門を置いており、できるだけ優秀な人材を確保しようとしているのです。

企業の顔としても活躍する

もうひとつ、営業は企業にとっての「顔」としての一面も持っています。

お客さまと最も身近に接する機会が多いのは、他のどの職種よりも営業だといえるでしょう。

ビジネスは人と人のつながりで動いているため、営業の対応ひとつで、お客さまの満足度も変わってきます。

企業にとって、お客さまを増やすための新規開拓はもちろん大事ですが、既存顧客のフォローもとても重要な仕事です。

お客さまが潜在的に抱えている不満やニーズをいち早く拾い上げることができれば、社内で対策をとり、お客さまを失うという事態を防ぐことができる可能性も高まります。

営業がお客さまからしっかりと信頼を得ることができれば、商品・サービスだけでなく、企業そのもののファンになってもらうことにもつながります。

商品やサービス、そして会社のことを好きになる大切さ

このように、営業は企業にとって重要な役割を担っていますが、営業として前向きに仕事をしていくためには、まず自分自身で提案する商品・サービスの良さを理解しておくことが大切です。

自分が嫌いだと思っているものを他人に提案することは、どこか嘘をついているようで自分自身とても心苦しくなりますし、何よりお客さまにも本気度が伝わりにくくなります。

「この商品・サービスの良さを広めたい!」そんな風に思いながら、会社の顔としての責任感とプライドを持って働いていれば、きっとその思いを受け止めてくれるお客さまも増えていくはずです。

仕事体験談