営業の仕事、業務内容

自社の商品やサービスを提供する

営業とは、メーカーや金融会社、保険会社、不動産会社といったさまざまな業界の企業で、自社の商品やサービスをお客さまに提案し、購入してもらうことで利益を生み出す仕事です。

このようにいうと簡単そうに思えるかもしれませんが、自分が売りたい商品やサービスについてよく知らない人、あるいはそれを必要だと思っていない人に対し、上手に魅力を伝え、「買いたい!」と相手の気持ちを動かすことは一筋縄ではいきません。

どのような企業においても、営業以外にマーケティングや企画、事務、総務など、さまざまな職種に就く人が働いていますが、なかでもお客さまと直にやりとりをする営業は自社の「顔」となり、利益を直接的に生み出していく重要な役割を担っています。

「押し売り」では結果に結びつかない

しばしば勘違いされがちなのは、営業は「勢いで売る仕事だ」ということです。

しかし、実際はいわゆる「押し売り」では通用しないことのほうが多く、「どうやったらお客さまに買ってもらえるか」を試行錯誤するなど、とても頭を使う仕事でもあります。

営業は、勤務先によってありとあらゆる「もの」を扱いますが、とくに不動産などは一度の契約で多額のお金が動きます。

お客さまも一生に何度とない買い物をするだけに、他社のものと比較をしながら慎重に検討を重ねます。

もちろん、どれだけ小さな商品であったとしても、本当に「良い」と思えなければ購入しないのが普通です。

また、ときには目に見える「もの」を扱うのではなく、相手が必要とすることに合わせたサービス内容を一から形作ることもあります。

だからこそ、営業は自社の商材の優位性や市場の動向を頭に入れたうえで、ヒアリングを通して相手のニーズをよく把握し、クライアントに合わせたアプローチをしていく必要があります。

また、この仕事は「人」と「人」が面と向かってやりとりをする仕事でもあります。

成約につなげるためには、ものの良さに加え、営業担当自身を信頼していただくことも重要なポイントになります。

営業の種類はさまざま

ひとくちに「営業」といっても、その具体的な業務内容などによって、さまざまな種類に分けることができます。

たとえば、海外諸国のクライアントを対象とする「海外営業」、日本国内のクライアントを対象とする「国内営業」、相手のニーズを引き出しながらプロモーションなども併せて提案する「企画営業」などがあります。

また、別の角度からの分け方として、法人向けの営業は「法人営業」、個人や一般のお客さまを向けの営業は「個人営業」、さらに既存顧客を担当する「ルート営業」や、新規顧客の開拓を行う「新規開拓営業」などもあります。