営業に向いている人、適性

人と接することが好きな人

営業は、仕事の大半の時間を「人」とコミュニケーションをとることに費やします。

お客さまにはさまざまな考え方を持っていますから、相手を理解しようとする気持ちが不可欠です。

また、初対面の人とも上手に会話を進めていかなくてはなりません。

そのため、人と接することを苦痛に感じてしまうという人よりも、人と話すことで楽しい気持ちになれるような人のほうが向いているといえます。

ただし、決して話上手である必要はありません。営業の仕事で大切なのは、「話す力」よりも「聞く力」だといわれます。

商談の場では、まず相手が何を望んでいるのかが理解できなければ、相手の心に響く提案もできないからです。

どれだけ巧みな話術を持っていても、的が外れた提案をしていれば相手をいら立たせてしまうだけです。

実際、プレゼンテーションのスキルは、経験を積めば少しずつ上達していくものです。

まずは人を好きになり、相手の話をよく聞き、相手をよく知ろうという姿勢を持てる人に向いている仕事だといえるでしょう。

気持ちの切り替えが上手な人

営業の仕事は、数字との戦いでもあります。

結果が目に見えやすい仕事なだけに、どうしても「ノルマ」や「売上目標」といったものを意識せざるを得ません。

うまくいっているときはいいのですが、いくらお客さまの元を訪問しても受注に結び付かない日が続くこともあります。

また、お客さまと直に接する立場であるだけに、ときには厳しい要望をぶつけられたり、直接クレームを受けてしまったりすることもあります。

厳しい状況が続くと誰でも落ち込みそうになりますが、そんなとき、すぐに気持ちを切り替えられるかどうかはとても重要なことです。

なかなかアポイントメントがとれなかったとき、そこであきらめてしまえばそれ以上の進歩はありません。

「断られるのが当たり前」くらいに思って、どんどん前向きに挑戦していける人が結局は成功します。

好奇心旺盛で勉強熱心な人

営業というと、とにかく元気いっぱいで声が大きいような、「体育会系」のイメージを持つ人もいるかもしれません。

もちろん、そういった雰囲気を武器にして活躍する営業もいますが、営業は決して外向的で明るさに満ちあふれている人でなくてはならないというわけではありません。

なかにはおとなしくて物静かなタイプでも、営業としてしっかり成果を上げている人もいます。

営業は、決して「体当たり」だけではできない仕事です。

市場の状況を分析し、お客さまに応じたアプローチ方法を考え、会話の流れをイメージしてから商談に臨むなど日々頭を使いますし、うまくいかなかったときには原因と改善策を考えることも大切です。

自分の狭い世界の中だけで物事を完結させず、さまざまなことに広く興味を持ち、失敗から学び、その場その場で最適なやり方を見出していけるような人に向いている仕事です。

仕事体験談