営業のつらいこと、大変なこと、苦労

ノルマや達成目標に追われる

営業は、自社の商品やサービスをお客さまに売ることで、会社の売上や利益を上げる役目を担っています。

そのため、ただやみくもにお客さまのところを回るのではなく、常に数字を気にして仕事をしなくてはなりません。

個々の営業には売上目標、いわゆる「ノルマ」が課せられていることも多々あり、ノルマがプレッシャーになって仕事がつらい、苦しい、と感じてしまう人も少なくないようです。

ノルマについては「この数字を超えてやるぞ!」と前向きにとらえることができればいいのですが、達成できなかったときには当然、上司から怒られることもありますし、「次は何としても達成しなくては…」とプレッシャーも大きくなります。

断られることが多い

営業といってもさまざまなお客さまを対象とするものがありますが、とくに新規開拓営業の場合、まったく自社商品やサービスのことを知らない、あるいは興味のないお客さまに対して、アプローチをかけていかなくてはならないことが多くなります。

どれだけ魅力的な商品を提案しても、すべてのお客さまが買ってくれることはありえませんし、そもそも話をまともに聞いてもらえるかどうかもわかりません。

「そういうのは結構です」と断られることが続くとやはり落ち込みますし、自分自身を否定されたような気分になりがちです。

仕事を続けているうちに断られることにも少しずつ慣れてくるものですが、それなりのメンタルの強さが求められる仕事です。

いつも前向きでいなくてはならない

人間誰しも「毎日が絶好調」ということはありません。ときには気分が乗らない日、体調がすぐれない日もあるでしょう。

しかし、営業をしているときは、できるだけ明るく、前向きでいることが求められます。

たとえば、飛び込み営業やテレアポをする際は、とにかく次から次に見込み客へアプローチしていかなくてはなりません。

そこで、もし暗い表情や声で話していたら、お客さまに与える印象は格段に悪くなりますし、信頼してもらうことができません。

どれだけうまくいかないことや嫌なことがあったとしても、その場ですぐに気持ちを切り替えなくてはならないのは、この仕事の大変な部分です。

仕事体験談