営業の種類

さまざまな種類に分けられる営業の仕事

営業というと、単純に「ものを売る仕事」と考える人は多いかもしれませんが、その仕事内容についてよく見てみると、営業はいくつもの種類に分けることができます。

種類の分け方に関してはさまざまな考え方がありますが、ここでは分け方にこだわらず、言葉として代表的なものを紹介していきます。

法人営業

企業を対象とした営業活動、いわゆるBtoBの仕事です。

新規顧客の開拓をすることもあれば、既存顧客との信頼関係を深めて取引を継続させるために行動することもあります。

先方のニーズや要望はもちろん、社内事情まで理解したうえでアプローチするといった工夫が必要になります。

個人営業

一般消費者を対象とした営業活動、いわゆるBtoCの仕事です。

自動車、不動産、保険商品などの営業は、この形で行われることが多いです。

お客さまによってライフスタイルや価値観、求めているものが大きく異なるため、洞察力と高いコミュニケーション能力が求められます。

ルート営業(ルートセールス)

すでに取引のある顧客を回り、新しい商品・サービスを勧めたり、継続的な取引につなげます。

新規開拓営業

飛び込みやテレアポなど、さまざまな手法を用いて営業先を決定し、まだ取引のない顧客の元へ訪問し、契約に結びつけます。

カウンターセールス(内勤営業)

旅行代理店や不動産賃貸会社などの店舗を訪れたお客さまに対して、対面で自社商品やサービスを販売します。

来店されるお客さまは何かしらのニーズを抱えて来店するため新規営業に比べてアプローチしやすいですが、成約につなげるためには、即時に相手のニーズを把握し、適切な提案をする力が求められます。

海外営業職

自社商品を海外に向けて販売する仕事です。

国内から海外の代理店に向けて営業する場合と、海外の拠点に駐在して現地で仕事を進める場合があります。

営業先となる国の文化や慣習、市場の状況を理解し、それに応じた交渉を行う必要があります。

医薬営業職(MR)

一般的な営業とは少し異なりますが、製薬会社などの医薬品メーカーに勤務する営業は「MR」と呼ばれています。

自社製品の効果や使用方法、副作用などの情報を病院に提供し、企業と医師の橋渡し役となります。

MRの仕事内容

技術営業(セールスエンジニア)

ITや電機・機械系メーカーなど、専門技術を生かした商品・サービスを提供する企業で活躍する営業です。

技術的な知識を持って顧客を回り、専門的な話をわかりやすく伝えていくとともに、顧客側のニーズを社内の技術者に伝達するような役割を担います。