営業になるには

営業が活躍できる場は多い

営業は、商社、保険、金融、自動車、不動産、IT、医薬品、人材サービスなど、さまざまな業界の企業で働いています。

高校、専門学校、短大、大学などで学んだのち、各企業の人材採用募集にエントリーすることが就職の第一歩となります。

どの業界とも大手から中小ベンチャーまで多様な企業があり、それぞれ事業内容などは異なりますが、自社の売上や利益を出すうえで中心的な役割を担うのが営業という仕事です。

そのため、世の中にある多くの企業が社内に「営業部」を設置しており、営業職の採用も目立ちます。なるためのチャンスはたくさんあるといえるでしょう。

しかし、別の見方をすると就職先の選択肢が多いため、自分自身で「営業としてどのような仕事がしたいのか」を先に考えておかないと、いざ仕事を始めてから「何だかイメージしていたものと違った」ということにもなりかねません。

就職先はどう見つける?

では、「営業職に就きたい」と思ったとき、どのようなことを考えればよいのでしょうか。

ひとつは、業界から考えていく方法が挙げられます。

まずは「IT」や「不動産」など興味がある業界を絞り込み、その業界の中で各社の事業内容や社風などを比較して、就職先を選ぶということです。

営業としてお客さまと商談するためには、当然、自社の商品やサービスについて深く知っておかなくてはなりません。さらに、業界ならではの慣習や専門用語を理解することも必要になってきます。

そのためには、好きな分野で働くほうが、営業としてもやりがいを感じられるはずです。

もうひとつは、やりたい仕事から考える方法です。

たとえば「海外営業をしたい」という場合、海外に拠点を置く企業や、海外と取引がある会社を選ばなくてはなりませんから、必然的に就職先の候補が絞られてきます。

海外とのやりとりが多い業界の代表例として商社があります。あるいは自動車や機械などのメーカーでも、海外展開をしている企業であれば、海外営業ができるチャンスがあります。

一方、たとえメーカーであったとしても国内だけで事業を完結している企業もあるため、その点はよく調べておくことが大切です。

そのほか、コンサルティングに近い企画営業がやりたいような場合も、そうした事業を手掛ける企業を見つけていくことで、よりやりたいことに近づいていけるでしょう。

特別な学歴や資格は必要?

基本的に、営業は特別な資格は必要とされる仕事ではありません。

ただし、海外との取引を行う場合には英語力が必要とされたり、入社後、不動産会社で営業をする場合は「宅地建物取引主任者」、金融業界では「ファインナンシャル・プランニング」関連の資格取得を目指すようにいわれることもあります。

学歴についての考え方も、企業によってまちまちです。

大手企業では難関大学の学生がこぞって集まるところもありますし、学歴は一切不問で採用をしている企業も少なくありません。

ちなみに、どの営業にも必要とされるのは、「対人関係を上手に構築する力」や「聞く力」です。

また、営業はお客さまから直接クレームを受けたり、厳しく断わられたりすることも多くあるため、そうした点では、体育会系出身など、元気で明るく、心身ともに鍛えられている人が好まれやすい傾向にはあります。

しかし、すべての営業がいわゆる「熱血」のようなタイプを求められているわけではありません。

就職したい業界や企業が絞り込まれてきたら、どのような営業が求められているのかを研究していくとよいでしょう。