営業の勤務時間・休日・残業

勤務時間

営業として働く人の勤務時間は、勤務先となる企業によって異なりますが、たいていの場合は8:30~19:00くらいの時間帯で設定されています。

基本的に「お客さま」ありきの仕事であるため、多くのお客さまが休んでいる早朝や深夜に働くことはめったにありません。

ただし、個人営業を手掛ける不動産会社などでは、お客さまが仕事へ出かける前、あるいは仕事を終えた後に商談の約束を設定することが多いため、早朝や夜の遅い時間帯にお客さまの元へ出向くこともあります。

一方、法人営業をする場合は、ほとんどが日中の時間帯での営業活動となります。

朝、まずは会社に出社して予定を確認し、お客さまとの約束の時間に合わせて得意先を回ったり、新規営業に出かけたりして、夕方頃に帰社し、事務作業を片付けるといった流れが一般的な1日の流れです。

ただし、出張をする際や、自宅からお客さま先へ直行、あるいはお客さま先から自宅へ直帰する場合には、決められた勤務時間以外の時間帯で動くこともあります。

休日

営業の休日も、勤務先によって異なります。

商社やIT系企業などでは土日を休みとしていることが多いですが、たとえば不動産業界では昔から火曜あるいは水曜が休みの場合が多かったり、他にもサービス業や小売業をお客さまとするメーカーなどでは、お客さまが土日に動きやすいため、平日を休みとしていることもあります。

そのほか、業界や企業によって繁忙期が異なります。忙しい時期は休日出勤をしなくてはならないこともありますが、落ち着いている時期には連休をとっている人もいます。

有給取得率や休暇制度に関しても、企業ごとにだいぶ事情が異なっています。

残業

営業というと、「残業が多い」という風にイメージする人もいるかもしれません。

実際、営業は事務職と比べると、どうしても残業が増えがちです。

というのも、日中は外回りをする時間が長いため、見積書やプレゼンテーション資料の作成、お客さまからの依頼事項の確認、日報記入などは帰社してからやることになります。

そうなると、どうしても残業時間が増えていってしまい、終電近くまで仕事をするということも珍しくはありません。

営業は個人の裁量が比較的大きな仕事であるため、手を抜こうと思えばいくらでも抜けますが、きちんと成果を出すためにはそれなりに準備をする必要があり、「がんばりたい」という気持ちから残業が増えてしまう人も多いようです。

また、通常業務とは別に、得意先との会食や接待をするため、業務時間外に動かなくてはならないこともあります。

接待を行わない企業もあるため一概にはいえませんが、全体的に見ると、営業は毎日定時で帰るといったことは難しい仕事だといえるでしょう。