営業の1日

外で過ごす時間が長い

営業は、1日の大半の時間を外で過ごします。

既存の得意先を回ったり新規顧客を見つけたりするために、車や電車を使って動き回ることが、この仕事の特徴です(不動産業界のカウンターセールスのように、店舗でお客さまを迎える営業もあります)。

とはいっても、外だけで仕事が完結するわけではありません。

営業活動で必要となる資料を作ったり、会議やミーティングで営業戦略を話し合ったり、メールや電話でお客さまからの質問に答えたりと、社内での仕事もさまざまあります。

ここでは、一般的な営業のある1日の過ごし方を紹介します。

メーカーに勤める営業(ルートセールス)のある1日

8:30 出社

他の社員に元気よく挨拶し、まずはメールチェックを行います。

8:50 朝礼

フロアの社員全員で朝礼に参加します。部門長から重要な連絡事項などの通達があります。

9:00 業務開始

朝届いていたメールのうち、緊急性を要するものから処理していきます。お客さまからの問い合わせなどには即対応。

9:30 営業活動へ

1日のスケジュールを確認し、アポイントメントの時間に合わせて得意先を回ります。

11:00 休憩しながらメールチェック

アポとアポの間に昼休憩をとります。営業は終日外出することが多いため、PCを持参し、外でできる仕事は片付けます。

社内での確認が必要なものなどは、事務職の社員に対応を依頼。

13:00 客先訪問

以前から取引のあるお客さまに、新しいサービスのプレゼンを行います。事前に作り込んでおいた資料を基に、わかりやすく説明していきます。

15:30 客先訪問

しばらく間が空いていた得意先を訪問します。困っていることはないか確認すると同時に、親しいお客さまなので、競合他社の訪問状況などもできるだけ伺います。

16:30 帰社

ほっと一息ついたら、すぐに事務作業にとりかかります。日報を作成し、お客さまから依頼を受けた見積書を作成。

17:30 チームミーティング

他のチームメンバーも続々と帰社するため、情報共有を行います。

18:00 翌日の準備

明日のスケジュールと持参する書類の確認。その日にこなせる仕事は、その日のうちに終わらせるように心がけます。

重要なプレゼン前などは、夜遅くまで資料作成を行うこともあります。