営業のキャリアパス

営業はキャリアが広がらない?

お客さまとコミュニケーションをとりながら、自社の商品やサービスの魅力を伝え、広めていく営業職。

企業にとっては売上や利益を出すために欠かせない存在ですが、一方では、「営業はキャリアの広がりがない仕事なのではないか?」という風にいわれることもあるようです。

その背景には、営業といえばただ単にものを売る仕事、誰にでもできる仕事、といったように思われていることがあるのかもしれません。

しかし、実際には営業として成果を出すにはさまざまなスキルや知識が必要とされますし、決して簡単な仕事ではありません。

営業には、高いコミュニケーション能力が求められます。

ここでいうコミュニケーション能力とは、単に話が上手ということではなく、相手の話をよく聞いて課題やニーズを即座に掴む力や、相手の様子に合わせて臨機応変に会話を進めていく力です。

さらに、市場の状況や競合他社の動きを追いつつ、それぞれ異なるお客さまの置かれている立場を把握したうえで、適切なアプローチ方法を検討することも必要になります。

そのほか、スケジュール管理能力や信頼と人脈を構築していく能力など、多様なスキルを身につけてこそ、営業として継続的に成果が出せるようになります。

このようなスキルは一朝一夕で得られるものではなく、新人のうちはなかなか結果に結びつかないことも珍しくありません。

しかし、実力が発揮できれば、成果は明確に数字に表れてくるため評価されやすく、昇進や昇格はもちろん、そして転職を考える場合にも、あらゆる業界の企業で引く手あまたとなるでしょう。

営業として身につけたスキルの生かし方

営業として身につけたスキル、すなわち「営業力」は、営業の仕事はもちろん、別の仕事でも生かすことができます。

たとえば、すでにあるモノやサービスを売るばかりでなく、自社で新しい事業を立ち上げたり、新商品・新サービスを作る場合にも、最も顧客のニーズをわかっている営業の意見を取り入れることがあります。

どんなに素晴らしい商品があっても、世の中が何を求めているのか理解し、商品の魅力をきちんと相手に伝える能力がなければビジネスとして展開していくことは難しく、「どう売るか?」「どう展開するか?」といったマーケティングをするうえでも営業力は生かせます。

また、取引先の発掘をしたり、自社の強みをアピールしていく際にも、営業力は必要とされます。

マネジメントの道に進む人も

営業としてキャリアを積むと、マネージャー(管理職)への道も開けていきます。

部下を抱えてその教育や指導をしたり、チームとして目標達成するためにどうすればいいのかを考えたりと、会社の方向性を踏まえつつ、より高い視点で仕事を進めていくことができます。

もちろん、管理職でありながら、引き続き第一線でバリバリと営業している人もいます。

企業は、営業以外にもさまざまな職種の人が働いており、それぞれが協力し合うとともに、折衝・交渉しながら仕事を進めています。

身につけた営業力は社内の多くの人を上手に動かすうえでも生かすことができ、営業部門以外のマネージャーとして活躍する人もいるようです。

仕事体験談