映画監督の役割

監督は現場の総指揮者

一つの映画を作るにあたって、さまざまな役割を持った人たちが関わります。

映画の骨組みとも言える脚本を手掛ける脚本家、スポンサー集めや宣伝部長的な役割を持つプロデューサーなどが、一つの例です。

映画監督の役割は、一言でいうならば「現場の総指揮者」です。多くのスタッフの先頭に立ち、リーダーシップと決断力を持って撮影を進めることが監督の役割といえるでしょう。

現場の総指揮者である映画監督と、興行収入やPRなど映画全体のかじ取りをするプロデューサーはぶつかることもよくあります。

映画の良し悪しを左右する

映画監督は、作品の良し悪しを左右するキーパーソンです。

ほとんどの監督がどのようなストーリーで展開していこうかと脚本家と相談して決めて行きますし、キャスティングにも関与します。

撮影時には俳優への演技指導はもちろん、カメラワークや編集、効果音にまで細かく指示を出していきます。

さまざまな物事を決断し撮影を進めていく監督の力量が、作品の良し悪しを左右することは間違いありません。

監督は、世の中に作品を送り出すことが出来るチャンスを与えられた人なのですから、大ヒットするかどうかはさておき自分が満足する作品を作る使命があるということを忘れてはいけません。

現場の雰囲気を引き締める、そして盛り上げる

監督のキャラクター次第で、現場の雰囲気は決定します。いつでも明るく、冗談や笑顔が絶えない現場もあれば、監督が来るだけで現場がピリリと引きしまるような現場もあるでしょう。

監督の役割は、良い作品が生まれるような現場を作ることです。

ただ仲が良いだけではなく、お互いに高め合ってクオリティの高い作品を撮影できるような現場を作っていくのです。

作風、キャスト、スタッフなどさまざまな要素を、監督自身が判断して現場の空気を作り上げていくのがとても重要な役割です。