映画監督の現状と将来性

制作費削減の流れ

昔も今も、映画監督を志望する人はたくさんいます。しかしながら、商業的に成功をおさめ、世の中に名前が知られるようになる人は本当にごく少数です。

映画界は生まれ持った才能と運がとても大きく作用する、努力とやる気だけではどうすることもできない世界ともいえます。

しかしながら現在、映画業界全体が制作費削減の憂き目にあっています。

昔は好きなものを撮影して、お金は後からどうにかすればよいという世界でしたが、最近では大物の監督でさえ予算の関係上、自分の世界観を十分に生かしきれない作品を世に送り出さなければいけない状況になっています。

少ない予算の中でいかにクオリティの高い作品を作り上げていかに興行収入を得られるかが、現在の映画監督に求められている要素になります。

映画業界が大きな打撃を受けているのは、テレビやインターネットの急速な普及も一つの原因でしょう。

今後も映画という存在が無くなるということは考えにくいですが、映画監督になる道も、映画監督になってからの道も、確実に厳しくなっていくのは事実です。

若手監督の台東

しかしながら、昨今の映画界にはちょっとした変化が見られるようになりました。

年功序列が色濃く表れていた映画監督の世界でしたが、ここ数年は若手監督が注目される時代へと変化してきたのです。

昔ではあまり考えられなかった20代の若手映画監督の活躍も、最近では違和感を感じられない程、世の中に浸透しています。

中には1つの作品が大ヒットしたことによって、無名監督から超一流監督の仲間入りをする方も珍しくはありません。映画界も実力主義の時代へと変わってきたというわけです。

若者の映画離れが進んでいる昨今ですが、若手監督のがんばりで再び盛り上がりを見せる可能性は十分にあります。

将来的に職業として成り立たせることは可能か

自分だけが満足する作品を作っても、映画監督として成功するかどうかは別物です。人の目に触れ、たくさんの人や映画界で名立たる人に評価されなければ、その先が見えてくることはないでしょう。

これからはますます実力主義の世界になっていくであろう映画界。積極的にコンテストに参加したり、すでに成功している映画監督やプロデューサーに認められることが重要です。

しかしながら、そこで成功という二文字を手に入れられる人は、ほんの一握りです。

良い作品を作っても、運がなければ自主制作の監督で終わってしまうことも多々あります。

本当に厳しい世界であることは間違いありません。才能が重要視される映画監督の将来性は、誰に対しても平等に高いとは言い難いものがあるからです。

ただし映画監督になれる可能性はゼロではありませんから、自分の才能に自信がある方は、諦めずに挑戦し続けることが大切です。