映画監督になるには

専門の学校や大学で基礎を叩きこもう

映画監督になるためには、資格や学歴は関係ありません。才能こそ必要な世界ですが、誰しも映画監督になる可能性はあるのです。

実際に、映画監督を志す若者はとても多いので、映画学科を備えた大学や専門的な知識を高める専門学校が日本にはたくさん存在しています。

それでは、専門学校や映画学科のある大学ではどんなことが学べるのかご説明します。

まず、基礎的な知識からカメラワークなど、映画を撮るために必要な知識を学ぶことができます。

映画制作に携わる人を講師に迎えて、自分ではなかなか学べない専門的な知識を学ぶことができるというメリットがあります。

また、実際の現場で役に立つような実習がある点も魅力的です。学習の一環として実際に作品を撮影して、映画制作の一連の流れや他の生徒の作品と見比べることによって実力を付けていくという意図があります。

専門学校や大学は映画監督に本気でなりたい人だけが集まるので、モチベーションを高く保ちながら夢を追いかけることができます。

映画制作会社などから、エキストラやアシスタントとしてのバイト募集もあるので、学生時代から実際の現場に携われる可能性もあるでしょう。

監督の下についてとにかく経験を積もう

制作現場の雑用係や、映画監督の下で働く助監督という立場で技術を身に付ける方法もあります。

監督の下で働けることはとても幸運なことです。チャンスを掴み取った人物が、技術を身に付けて独立していきます。

最近は専門学校や大学で技術を身に付けるという方法が定着しましたが、少し前まではほとんどがこのようなパターンでした。

実際に活躍する監督からの直接指導を受けたり、制作現場の雰囲気を身を持って感じることで、座学では学びきれない経験と知識を身に付けることができるというメリットがあります。

自主制作で実力を試そう

以前は前項でも述べたとおり、監督の下で下積み時代を過ごし、念願の映画監督デビューというのが一般的でした。

しかし今では、自主制作でコンテストなどに応募して、実力を試している若手映画監督がたくさんいます。

経験が少なくてもチャレンジできる点や、比較的機材も揃えやすくなったことが影響し、自主制作映画の監督としてキャリアをスタートさせる人が増えてきたのです。

自主制作映画は、演技をしてくれる俳優陣・制作スタッフなど、多くの人を自らの手で集めなければいけないので大きな苦労を伴います。

しかしながら実際に自主映画作品で大きな賞を手に入れて、映画監督としての輝かしい人生を手に入れた人はたくさんいます。

お金も必要になるので、誰でも気軽にできるというわけではありませんが、達成したときの喜びは何ものにも代えがたい素晴らしさがあるでしょう。

また最近ではインターネットの普及により、全世界に自分の作品を手軽に発信できるようになりました。つまり、今の時代は本気になれば誰にでも挑戦する機会があるのです。

才能と運がなければ難しい仕事ですが、監督の年功序列の常識もなくなりつつありますので、映画監督への道は以前よりも開かれているといえます。