映画配給会社社員に特有の職種

私たちが日ごろから親しんでいる映画ですが、映画配給会社の仕事については、あまり知られていないところが大きいかもしれません。

ここでは、映画配給会社に特有といえる代表的な職種について紹介します。

買い付け

ヒットしそうな映画を見つけ、製作側の会社から買い付ける仕事です。

映画を劇場で公開するうえでは、まず上映するための「権利」を取得しなりません。

あらゆる映画情報を集めて内容をチェックしたり、映画祭やフィルムマーケットなど、映画を売りたい人と買いたい人が集まるイベントに出向いたりしながら、「これは」と思う作品について権利の契約交渉を行います。

莫大な映画作品のなかから多くの人に「面白い!」と思われるであろうものを見つけ出す嗅覚、そして時代の流れやブームを読むセンスが問われる仕事です。

ブッキング

買い付けた映画を上映するために、各映画館と交渉を行います。

作品のターゲットを踏まえ、その作品に適していると考えた映画館に対して作品の内容や特徴をプレゼンし、上映するための契約を結びます。

なお、ブッキングには「ブロックブッキング」と「フリーブッキング」の2種類があり、前者はあらかじめ決まった何本かの映画が上映期間を決められ上映されるシステム、後者は上映期間を決めずに映画が上映されるシステムのことを意味します。

宣伝・プロモーション

作品をより多くの人に観てもらうために、さまざまな方法で作品をPRします。

映画宣伝の仕事

たとえば、ポスターやチラシの制作はその代表的なものの一つです。実際のデザインは制作会社のデザイナーに依頼することが多いですが、完成までの進捗管理やディレクションなどを行います。

そのほか、作中の主題歌や商品のタイアップ、写真集やサウンドトラックなどの商品化などもあります。

また、テレビや雑誌などの各メディアと交渉して作品を取り上げてもらったり、試写会や舞台挨拶、各種イベントの企画運営なども担当します。