映画配給会社社員の就職、求人、採用の状況

h3>求人はあまり多くない

映画配給会社をはじめ、映画業界における求人はさほど多くないようです。

その理由として、「大手」といわれる企業でも従業員数は数百名程度となっており、他の業界の大きな企業に比べると組織そのものがあまり大きくないことが挙げられます。

大手の映画配給会社であれば、新卒採用を定期的に行っているところもありますが、それでも採用人数は若干名ということも珍しくありません。

こうしたことから、映画配給会社をはじめとする映画業界は狭き門といわれるようになっています。

雇用形態にこだわらないことも必要に

映画配給会社に正社員としての採用されるのは、かなり厳しいと考えておいたほうがよいでしょう。

就職試験では映画に対する熱意をはじめ、ビジネスセンスや感性、一般常識、コミュニケーション能力など、さまざまな観点から能力や人柄を判断されますし、面接官の相性といった「運」の要素も絡んでくるところがあります。

また、未経験者の場合は正社員として採用していない企業もあります。

どうしても映画配給会社で働きたいのであれば、アルバイトなど正社員以外の雇用形態で働くことも視野に入れたほうがよいかもしれません。

アルバイトであれば正社員よりは積極的に採用している企業が増えますし、もし求人を出していなかったとしても、片っ端から映画配給会社に連絡をしてアルバイトとして雇ってもらったという例もあるようです。

経験を強みにしてステップアップ

映画業界では、経験があるとプラスに評価されやすいようです。

アルバイトであっても業務経験がある人は、その後の転職活動時に大きなアピール材料にできるでしょう。

こうした点からも、ただ待ちぼうけの状態よりはアルバイトで業界に入り込み、経験や人脈を築いていくといった考え方をすることも必要になるでしょう。

需要の少なさに対して映画配給の仕事をしたいと考える人はたくさんいるため、その中でいかにチャンスをつかみ取るか、アクションを起こすことが大事だといえます。