女性の映画配給会社社員

女性の活躍ぶりについて

映画業界は、他の業界と比べても就業人口がそれほど多いわけではないため、女性がどのように働いているかについてはあまりわからないかもしれません。

しかし、女性にとってもおおいに活躍できる業界であることは間違いなく、実際に映画配給会社でバリバリと力を発揮している女性社員はたくさんいます。

映画配給の仕事では、何か特別な技能が求められることはそうありません。

まず業界に入り込むことが難しいものの、映画を世の中へ広めたいという熱意と、行動力やバイタリティ、そして柔軟な発想や湧き出るアイデアがあれば、男性と同じように十分に活躍することができます。

また、配給会社の仕事では、映画製作側のスタッフや各メディア、劇場関係者など、多くの人々とコミュニケーションをとって仕事を進めていくことが必要になり、そこでは女性のきめこまやかなコミュニケーションスキルが役立つことも多いといわれています。

ただし、映画配給会社での採用活動は頻繁に行われているわけではないため、「とにかくこの仕事に就きたい!」という情熱を持ち、少し状況が厳しくてもあきらめず、映画配給の仕事にたどり着く道を自ら切り開いていく姿勢が必要になるでしょう。

結婚・出産後も仕事を続けられる?

配給の仕事をしている女性は、結婚・出産後、育児をしながら仕事を続けている人もいれば、一度現場を離れて育児に専念するという人もいます。

映画配給会社社員は、自分の仕事が大好きという人が多いため、ずっと仕事を続けたいと考える人も少なくないようです。

もちろん、本人の頑張りによって仕事と家庭を両立させることはできます。また、それを支援してくれるものとして、会社の手厚い福利厚生や休暇制度が整っていれば、より働きやすさを実感できるでしょう。

映画配給会社は大手といわれるところから非常に小規模のところまでさまざまあり、会社によって待遇面にもだいぶ差があるようです。

自分が望む働き方が実現できるよう、事前に会社の情報はよくチェックしておいたほうがよいでしょう。