映画配給会社でのインターン

映画配給会社でのインターンとは

映画配給会社では、一般的なスタッフ募集のほか、「インターン」を募集していることもあります。

インターンとは、就職・就業前の一定期間、実際に企業で仕事を経験することをいいます。

おもに学生を対象としており、自分がその仕事に適しているかを判断したり、キャリアをより深く考えていったりするうえでの経験となります。

インターンの内容は基本的に実際の業務の一部となるため、現場に入り込んで映画ビジネスに触れる絶好の機会となるでしょう。将来、映画業界で働いてみたいと考えている人であれば、参加して損はないはずです。

なお、インターンは数ヵ月から1年(あるいはそれ以上)かけて実施される長期のものと、1日から数週間程度で実施される短期のものがあり、どれくらいの期間のインターンになるかは企業によって異なります。

インターンの勤務日数・時間、待遇

インターンは、たいてい週に数日程度の参加となっていますが、学生の場合はあくまでも学業に支障がないよう、企業側と相談のうえ決定されることが多いようです。

勤務時間については企業側で設定されていることもありますが、相談にのってもらえるケースもよくあります。

待遇に関しては、長期インターンになると交通費は全額支給されるケースが多いです。ただし、アルバイトとは異なるため、給料が支払われるといったことは普通ありません。

しかし、インターンに本気で取り組めば、給料以上の何かを得ることができるはずです。

インターン募集の見つけ方

インターン募集記事については、各映画配給会社のホームページの採用情報に掲載されていることが多いです。

たいていの場合、最低でも書類審査が実施されており、場合によっては面接も行われるため、応募すれば誰でも簡単に参加できるというわけではありません。

ただし、各社とも必ずインターンを募集しているわけではないため、地道に情報を集めていく努力が必要になるでしょう。