アメリカの映画配給会社

アメリカの有名な映画配給会社

映画配給会社は、もちろん日本にも有名な会社が存在しますが、「ハリウッド映画」の本場アメリカでは、非常に規模の大きな会社がいくつもあります。

アメリカの大きな映画配給会社は、以下の6社をあわせて「6大スタジオ」といわれています。

<ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント>
代表作:『ゴースト・バスターズシリーズ』『ショーシャンクの空に』『スパイダーマンシリーズ』

<ウォルト・ディズニー・カンパニー>
代表作:『トイ・ストーリー シリーズ』『ファインディング・ニモ』『ライオン・キング』

<ワーナー・ブラザーズ>
代表作:『ハリー・ポッターシリーズ』『マトリックスシリーズ』

<ユニバーサル・ピクチャーズ>
代表作:『ジュラシック・パークシリーズ』『ワイルドスピードシリーズ』『バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ』

<20世紀フォックス>
代表作:『24 -TWENTY FOUR-』『ダークエンジェル』『Xファイル』

<パラマウント・ピクチャーズ>
代表作:『ミッション:インポッシブルシリーズ』『ゴッドファーザーシリーズ』

各社の売上シェアはその年によって変わってきますが、洋画をよく見る人であれば、おそらく一度は上記の名前を目にしたことがあるでしょう。

実際、ハリウッド映画のほとんどは、この6社のいずれかから配給されているといっても過言ではありません。

アメリカの映画配給会社で働くには

もちろん、アメリカでは6大スタジオ以外の映画配給会社がいくつも存在します。

ハリウッド映画は多くの映画ファンにとっての憧れであり、アメリカの映画配給会社で働きたいと夢見る人がいても不思議ではありません。

それを実現するにはさまざまなルートが考えられますが、留学して映画系の学校で専門知識を身につけてそのまま就職を目指すといったことや、語学学校に通いながらインターンとして映画配給会社で仕事をし、そこから社員を目指すという人もいるようです。

とはいえ、実際にアメリカの映画配給会社へ勤めることは、文化の違いや言葉の壁などもあり、日本で働くこと以上に厳しいといえるでしょう。