絵本作家の仕事内容

仕事内容

絵本作家は、ストーリーを考え、絵を描き、絵本を制作する仕事です。ストーリーと絵の両方を一人でする人もいれば、ストーリーと絵を別の人が担当して制作することもあります。

絵本作家は、まず伝えたいテーマを考え、全体の構成と話の流れを考えます。次にセリフや全体の配置などを決めて下書きを書いていきます。下書きに色をつけ、仕上げをして一冊の絵本が完成します。

完成した絵本を出版社に持ち込み、採用されると出版されて本屋に並びます。

それ以外にもアマチュア作家への講義であったり、サイン会などの仕事もあります。

仕事の流れ

担当者との打ち合わせ

主体となる仕事の流れを説明しますと、最初は出版社の担当編集者との打ち合わせからはじまります。つまり、自分はこんな物語を書こうと思っているんだけど、絵はこんな感じのテイストで、などと次回出版作品のおおまかな骨組みを担当と打ち合わせします。

ここで担当編集者との打ち合わせが長引くかそうでないかは編集者によりますし、もっと言えば出版社によっても大きく異なります。大袈裟に言えば、一文一文、絵の細かなところまで担当が介入してくる出版社もありますし、ある程度の大まかな流れは基本的にスルーして作家の意向を採用してくれる出版社もあります。

「○○出版社は頑固」「○○出版社は口うるさい」などと作家の間で交わされる愚痴は担当に対してではなくて出版社に対してが多いのもそのためです。

担当とは二人三脚で

そしておおまかな流れが決まった後は作業に映るのですが、ここで文章のみを書く絵本作家であれば絵を書いてもらう作家のリストも視野に入れておきます。特に外国人に依頼する場合はある程度名前が知れている方となるので、予め連絡をとっておく必要があります。

作業自体は絵本作家個人の仕事となるので、作業スタンスはまちまちです。

しかし、多くの場合は途中途中で担当編集者が介入してきて、進行状況と原稿のチェックが入ります。文章と絵両方を書く作家であれば、担当は文章と絵両方を添削します。主に現在のニーズに受け入れられる絵かどうかや、出版社側の意向として入れて欲しくない文章と絵はないかをチェックしたりします。

このように、担当とは二人三脚の関係で一つの作品を作り上げていきます。

そして添削、修正を重ね、表紙を決め、ページ数や絵のコマ数などをチェックして最終納品することを脱稿と言います。「脱稿おめでとうございます」と担当から言われた作家は一息つくことができるという仕事の流れです。

このエントリーをはてなブックマークに追加