絵本作家になるための講座、教室

絵本作家の講座とは?

絵本作家になるために、必ず通わなくてはならない学校やスクールはありません。

独学であっても絵本作家になることはできますし、もっと極端なことをいえば、特別に何かを勉強することなく、自分の頭の中から湧き出るものをそのまま形にしてデビューすることも不可能ではありません。

とはいえ、絵本を作っていくうえでは物語を考えたり、イラストを描いたりといった作業が必要になりますし、そもそも絵本をどのように形にしていけばよいのかわからないという人も少なくないでしょう。

そういった人のために用意されているのが、絵本作家になるための講座です。

講座の種類

絵本作家志望者向けの講座は、習い事感覚で学べる完全に初心者向けのものから、ある程度は絵に触れたことがある人を対象としたもの、あるいはプロ志望で今までも絵を勉強したことがある人向けのものまで、さまざまな種類のものがあります。

全国各地で、いくつものスクールや教室が絵本作家の講座を開講していますから、調べてみるとよいでしょう。

講座によって、カリキュラムや授業のスタイル(個別か、集団か)、受講回数や期間なども異なります。

もちろん、内容によって学費も変わってきます。安ければ数万円程度で学べるものもあります。

どんなことを勉強するの?

絵本作家志望者向けの講座では、デッサンの基礎や画材の知識、ストーリーの発想法、絵本の構成について、文章の書き方、キャラクター設定の方法、そして
パソコンのソフトを使ったイラスト制作の方法などまでを学ぶのが一般的です。

知識を身につけたうえで、実際に物語を作ったり、イラストを描いたりして表現する力を養っていきます。

できあがった作品は発表し、講師からアドバイスを受けてより良いものにしていくことができます。

通信講座でも学べる

絵本作家になるための講座は、教室に通って学ぶ「通学制」のもののほか、自宅にいながらにして学べる「通信講座」もあります。

通信講座はテキストを中心に、DVDも利用して学ぶものが多いようです。

通学する時間がとれなかったり、もっと気軽に絵本制作の基礎を学んでみたいという人にはおすすめです。

たいていの講座で作品を講師に添削してもらうことができるため、しっかり計画立てて学んでいく気持ちさえあれば、たとえ通信講座であっても自分の力になるでしょう。