絵本作家のコンテスト、賞、公募

絵本作家になるきっかけ

いくらすばらしい作品を作っても、それが世に出て多くの人に読まれなければ、仕事としてやっていくのは難しいです。

絵本作家を目指す人にとって、プロとしてデビューするきっかけをつかむことは必要不可欠といえます。

そのきっかけのひとつになるのが、出版社の編集部に作品を持ち込んで出版を検討してもらうことです。

出版社では比較的売り込みを歓迎する習慣があるため、直接出版社にアピールして絵本作家デビューを掴んだ人も多く存在しています。

しかし、出版社側の都合やタイミングがあったり、作家志望者の作品のジャンルや作風との相性があったりもするため、よほど出版業界に強い人でない限り、1つの出版社を選んで直談判するのはリスクが高いといえるでしょう。

そこでおすすめなのが、アマチュア向けのコンテストやコンクール、企業の公募で賞を勝ち取ってデビューを果たす方法です。

出版社の絵本コンテスト

出版社では、年に1回大きな絵本コンテストを開催しているところがあります。

最も有名なのは講談社による「講談社 絵本新人賞」で、これは絵本作りのプロフェッショナルを目指す人のための登竜門ともいえるコンテストです。

「講談社 絵本新人賞」に輝いた作品は、もちろん講談社から出版されます。

その注目度の高さから、ヒット作となることが約束されているといっても過言ではありません。

ほかにも「制作日記」が同社サイトで公開されるなど、宣伝やバックアップ体制も万全です。

2作目からは出版やヒットの保証はない厳しい世界ですが、「講談社絵本新人賞」という肩書きはその後の作家人生においても多大なる後押しになることは間違いありません。

講談社 絵本通信 絵本新人賞

各雑誌や企業の絵本コンテスト

大手出版社に限らず、雑誌や企業が主催となった中堅の絵本コンテストが毎年行われています。

たとえば、読み聞かせお話雑誌『おひさま』の「おひさま大賞」、日産自動車の「日産 童話と絵本のグランプリ」、健康食品と化粧品のメーカー山田養蜂場の「ミツバチの絵本コンクール」などが挙げられます。

これらは数年来の歴史と伝統があり、雑誌や企業とのコラボレーションで宣伝効果も抜群であるため、非常におすすめです。

このほか、雑誌『公募ガイド』などに絵本作家志望者向けの小さなコンテストが掲載されることもあるため、チェックしてみるとよいでしょう。

コンテストはテーマが決められているものも多く、それに挑戦していくことで表現力を高めることができたり、自分に足りないものが見えてくるところもあるでしょう。