絵本作家になるきっかけ

絵や子どもが好き

絵本作家になったきっかけはどのようなことが考えられるでしょう。

美術学校を出て、絵を描く仕事をしたい。その媒体として絵本を選んだという方は多くいます。

また、文章を書く仕事をしたい。その中で子どもが好きだから、または自分が子どものときに親がよく読んでくれた本や印象的だった本がいまもなお心に残っている。

そのようなきっかけで絵本作家の道を歩くことになった方もいます。

描きたい人がなる職業

小説家の間でよく言われているのは、「小説家とはなろうとしてなるものではなく、気づいたらなっているものだ」という台詞です。

いい作品を描くには、さまざまな経験や体験を経てそれをフィクションの世界に反映させる必要があるという理由から言われるようになりました。

しかし、絵本作家の場合はそうではなく、「なりたい人がなるべきだ」「描きたい人が描くべきだ」という志向が強いように感じられます。

純粋な思いが出発点

「描きたい人が描くべき」というのは、感受性の問題であったり、子どものために絵本を書きたい、読んでもらいたい、といった極めて純粋な理由で絵本作家となる人が多いからでしょう。

とくに文章と絵を両方手がけることができる作家は、よりその想いが強くないと一冊の絵本を完成させることはできません。

絵、もしくは文章を書きたいという想いだけでなく、子どもに見てもらい、親に読んでもらいたいという考え方が根本に必要です。

もちろん気楽な考えではのちのち挫折することにもなりかねませんが、絵本作家になったきっかけというのは、こうした純粋な想いがきっかけとなるケースが多いようです。