女性の絵本作家

絵本作家は男性も女性も活躍できる仕事ですが、兼業作家が多く、なかには会社員や主婦などをしながら絵本を書き続ける人も少なくないようです。

ここでは、女性の絵本作家に焦点を当てながら、その働き方について紹介していきましょう。

「お母さん」は絵本作家に向いているスキル

絵本作家は、イラストと文章の両方を自分一人で担当する場合と、イラストと文章を分担し、二人でひとつの作品を作る場合があります。

イラストだけならイラストレーター、文章だけならライターの職種に分類されるため、ここではイラストと文章を一人で手がける女性の絵本作家についてお話しします。

イラストレーターの仕事

女性は結婚、出産を経験し、自分の子どもに絵本の読み聞かせをするようになると、必然的にたくさんの絵本を手に取ります。

そのなかで絵本を選ぶ目が肥えるのはもちろん、絵本に対する批判や要望も出てくるものです。

「こんな内容の絵本がほしい」という思いから、絵を描くのが得意なお母さんなら、自分の子どものためにちょっとした手作りの絵本を描いてみたことがある人も多いのではないでしょうか。

その延長線上にあるのが、女性の絵本作家だといえるかもしれません。

自分にとって身近な存在である子どもの目線に立つことができ、なおかつ大人の立場からも教えるべきこと、知ってほしいことを持っている「お母さん」は、絵本作家に非常に向いているスキルだといえるでしょう。

「アート」としての絵本が注目

近年、専門学校やスクールでは絵本作家を目指す女性が増加傾向にあります。

これはかつての児童文学としての絵本の領域を越え、「アート」としての絵本の存在が認められてきたことが大きな要因です。

海外の絵本は以前からアート性の高さで人気がありましたが、最近では日本の絵本が海外で注目を集めることも増えました。

たとえば、酒井駒子氏の絵本は世界中で翻訳され、「ブラティスラブァ世界絵本原画展金牌賞」、オランダの「銀の石筆賞」、フランスの「Pitchou賞」など数多くの賞に輝いています。

絵本作家と家庭との両立

絵本作家はどこかの会社に所属して働くのではなく、フリーランスとして働くのが一般的な仕事です。

そのため、案件に応じて自分で仕事時間の配分ができ、休日なども自由に設定することができます。

その点では、結婚、妊娠、出産、子育てといった女性のライフスタイルの変化にも柔軟に対応しやすい職種です。

昼間は育児をし、子どもが寝付いてから仕事をするといった働き方をしている人もいるようです。

なお、絵本作家はそれだけで生活できるほどの収入を得るのは大変難しいため、むしろ主婦と絵本作家との兼業が賢い方法だといえるでしょう。