絵本作家の1日

絵本作家になったら、毎日どのような時間を過ごすのでしょうか?

ここでは、文章と絵の両方を書く絵本作家の1日をタイムスケジュール化して解説します。

ある絵本作家の1日

9:00

起床、朝食

10:00

業務開始。最初はメールチェックから。現段階は担当編集者からのメールはないことを確認

10:30

大まかに書き上げた文章を元にどんな絵を描こうかイメージを浮かべる。そして、キャンバスにラフ画を描きはじめる。

12:00

昼食、メールチェック。

13:00

雑誌社からメールがあり、先日納品した雑誌の扉画の案件は無事に発行されたとのこと。

13:15

宅急便で自分が扉絵を書いた雑誌が送られてきたのでチェックする。

13:30

ラフ画一枚の作成が終わった段階で、出版社の担当宛に電話をし、ラフ画をFAXで送るから確認してほしい旨を伝える。

14:00

残りの画を描きつつ、画と文章を双方見比べてマッチされる文章に修正する。

16:00

出版社のツテで知り合ったイラストレーターにメールをして、絵の描き方についていくつかの質問をする。

17:00

本日の業務終了

仕事のスタイルはさまざま

今回は文章と絵両方を書く作家を紹介しましたが、もし片方だけしか手がけない作家であれば、もう片方の作家とのやりとりを随時行います。

ただし、文章を書く作家が日本人なのに対して、絵を描く作家が外国人の場合も多々あります。

この場合は言語による障害や時差の都合でコミュニケーションが取れないので、出版社の担当を通して行うことになります。

また、絵を描くときは自宅に篭っては描けない場合も多々ありますので公園や喫茶店など環境を変えてイマジネーションを膨らませる方法もよく取られます。

文章も絵も想像力がないと書くことができませんので、環境を変えるというのも作家にとっては立派な仕事の一つとなることを覚えておきましょう。