絵本作家になるための学校(専門学校、講座)

絵本作家に学校は必要か

同じ出版業界でも広告に携わるクリエーターなら複雑な技術やノウハウが必要となるため、大学や専門学校で学ぶことは大変有利であるといえます。

また小説家やハウツー本を執筆するにも、高い文章力や専門知識が必要なため、学校で学んだり社会経験を積むことは大変役立ちます。

しかし絵本作家はクリエーターや文筆業とは異なり、アーティスト色が濃い職業。資格も学歴も必要ありません。

イラストについては独自性の高い魅力的なものが描ければ強みになりますし、文章についても難しい文法やボキャブラリーは必要ないため、中学校の国語レベルの知識があれば充分だといえます。

つまり、適性があり技術や表現力が伴っていれば、学校で学ばなくても絵本作家として活躍することはできるということです。

絵本作家に役立つ学校、講座

学校で学ぶ必要はないとはいえ、絵本作家になるために自分に足りないと感じる部分がある人の場合は、学校や講座で習得するのもひとつの手です。

イラストの技術や幼児心理学、マーケティング理論などは絵本作家の仕事に役立てることができるでしょう。

専門学校や絵本講座で学ぶ

デザイナーを育てる専門学校の中には、絵本に特化した専攻コースを設けているところが何校か存在しています。

こうしたコースでは基礎から実践まで、イラストの画力に加え、読者をストーリーの世界へ誘う文章力も習得することが可能。

漠然と「絵本作家になりたい」という気持ちが強いものの技術が伴っていないタイプの人には非常に有効です。

また、イラストやストーリー作りに自信がある人なら、絵本作家が講師を務める講座を受けるだけでも実りがあるでしょう。

幼児心理学やマーケティング理論を学ぶ

絵本作家として活躍し続けるためには、世の中のニーズに応えた内容のストーリーを打ち出すこともポイントです。

子どもの心理や大人の購買心理を学ぶことは、絵本作家にとってもプラスになります。

またマーケティング理論では、自分の作品を出版社などに売り込む時に必要なプレゼンテーション力、コミュニケーション力を培うことも可能です。