絵本作家になるための学校の種類(大学、専門学校、スクール)

特別な学校に通うべき?

絵本作家になるために、必ず通わなくてはならない学校はありません。

医師や弁護士のように、特別な学校を卒業して国家資格を取らなくてはならないといったことはありませんし、プロの絵本作家として活動していくうえで学歴が問われることもないといえるでしょう。

そうした意味では、誰にでも門戸は開かれている職業だといえます。

とはいえ、絵本作家を目指していても、デビューし、成功できる人はほんの一握りだけです。

絵本作家には技術やセンスが求められますから、デビューの可能性を少しでも高めるために、大学や専門学校などの学校に通う方法も考えられます。

しかし、それらの学校に通っても必ずデビューできるわけではないという点は理解しておくことが大切です。

大学

大学で絵本作家に関連することを少しでも学びたいのであれば、美術大学あるいは総合大学の芸術系学部で絵画やイラストを学ぶか、文学系の学科で児童文学を専攻する道が考えられます。

数は多くありませんが、なかには「絵本制作コース」といった、絵本作りに深く関わることを学べる大学もあります。

また、児童文学や児童文化を学ぶなかで、絵本の創作技法を身につけられる大学もあるようです。

絵本制作には幅広い知識や視野の広さが必要とされます。

4年間という大学生活のなかでさまざまな経験を積み、そこで培ったものを作品づくりに生かしていくのもよいでしょう。

専門学校

もし専門学校で絵本作家のことを学びたいのであれば、デザイン系の専門学校を探してみるとよいでしょう。

絵本作家志望者向けの学科やコースを置く学校が全国にいくつか存在します。

専門学校では、おもにイラストレーションを学んでいくようです。

より実践的な絵の技術を学び、独創性を磨いて実力を高めていきたい人には向いているといえるでしょう。

絵本制作を学ぶ専門学校は2年制もしくは3年制が一般的です。

スクール

民間のスクールでも、絵本制作について学べるところがあります。

スクールの場合、大学や専門学校のように毎日通うわけではなく、週に1日ないし2日程度、習い事のような感覚で通えるものも多いです。

そのため、初心者で絵本作りに触れてみたい人もよく通っているようです。

スクールによってカリキュラムや授業の方針などが異なるため、さまざまなスクールを比較してみてください。